お金の使い方を考えることは、生活に変化をもたらします。お金の使い方を考えるにあたって、お金の使い方が上手な人はどのような工夫をしているのか、お金の使い方にはどのような種類があるのかが疑問点としてあげられます。

お金の使い方を考えるために、この記事では主に以下の2点を解説します。

この記事の内容
・お金の使い方が上手な人の特徴
・お金の使い方の種類

この記事を通して、最終的には自分のお金の使い方を見直すことができ、自分に合ったお金の使い方を理解することができます。

お金の使い方が上手な人の特徴

お金の使い方が上手な人の特徴①:常に計算している

お金の使い方が上手な人は、一体どれくらいのお金が必要なのかを一生、10年、1年、1日などのスパンで逆算しています。お金の使い方を計算するときに便利なアイテムが家計簿です。

将来使うであろうお金を計算するためには、今どのようなお金の使い方をしているのかを知る必要があります。

月々に必ず必要となる家賃や光熱費などを把握することによって、無駄な出費を防ぐことにもつながります。

お金の使い方が上手な人の特徴②:貯金ができる

お金の使い方が上手な人は、無駄な出費が少なく、貯金することができます。生活する上で最低限必要なお金がどれくらいなのかを把握し、貯金する余裕をもってお金を使うことが大切です。

例え月に少ししか貯金できないとしても、積み重ねることで大きな額になります。確実に貯金するために、貯金専用の貯蓄口座を作るなどの工夫をしてみる事が大切です。

お金の使い方が上手な人の特徴③:買い物上手

お金の使い方が上手は人は、買い物することも上手です。買い物するときは、事前に購入すると決めていたものだけを買い、衝動的に買うことがありません。

買い物しているときの雰囲気や感情に惑わされることなく、無駄な出費を抑えることが上手なお金の使い方です。買い物は、お金の使い道を大きく分けるものであるため、事前によく考えてから購入するとよいでしょう。

しかし、お金の使い方にこだわりすぎてケチになるのもよくありません。セールなどで安いからといって、本来必要ではないものまで買ってしまったら、無駄な出費になってしまいます。

値段ばかりを気にして、性能のあまりよくない製品を選んでしまった場合も、すぐに故障してしまうなどの害が出てきます。適度な価格のものを選び、上手な買い物をすることが上手なお金の使い方です。

お金の使い方が上手な人の特徴④:人任せしない

お金の使い方が上手な人は、お金をどう使うかを人任せにしません。

店員におすすめされた商品をいわれるがままに購入することや、おすすめされたプランにそのまま従うことなどが人任せなお金の使い方です。

自分の意志を尊重して買い物をすることで、無駄な出費を抑えることができます。

お金の使い方の種類

お金の使い方は人によって様々な考え方があります。ここでは、お金の使い方の種類について解説いたします。

消費は生活のベースとなる使い方

消費というのは生活費、日用品、衣服などの生活全般に関わるもののお金の使い方をさします。人間が生きていくために必要な衣食住に使われるお金です。

消費に使われるお金は、生活のベースです。消費にどれくらいのお金を使うのかによって生活が変わってきます。

日用品や衣服などにこだわり生活水準を上げるのも、生活費を抑えて他のお金の使い道に回すのもよいでしょう。

投資は自分の生活を豊かにするお金の使い方

投資とは、自分の生活を豊かにするためのお金の使い方です。

自分への投資で習い事をすることでスキルを高めたり、身体を鍛えるためにジムに通ったりして自分の価値を高めることは投資です。

他にも、健康的な食事にこだわることは将来の自分への投資でしょう。投資は現在の生活だけでなく、先の人生も豊かにするお金の使い方です。

運用はリスクがあるが利益の可能性もある使い方

資産運用で知識と実利を得ることもお金の使い方の一種です。

資金運用はリスクを伴いますが、資金形成や家計の見直しには有効なお金の使い方です。しかし、運用の仕方によって、あまり良くないお金の使い方にもなってしまいます。

投資と投機との違いを知っておく必要があります。投資は利益や配当のために長期的な運用をするものなのに対し、投機は短期売買であり一種のギャンブルであるため注意が必要です。

投資は企業などに協力して利益を得ますが、投機は得する者と損する者が出てくる争いとも捉えられます。資金運用をする場合には、リスクがあることを理解し、基本的なルールを学ぶとよいでしょう。

貯蓄は将来のためにお金を貯める事

貯蓄をする際には、貯蓄の仕方にこだわることで有益なお金の使い方ができます。おすすめの貯蓄の方法は、生活口座と貯蓄口座を使い分ける方法です。

生活口座には月々必要となる生活費を貯蓄し、貯蓄口座には将来のための貯蓄をします。

生活口座と貯蓄口座を使い分けることによって、最低限必要な月々の出費を把握することができる上に、無駄遣いを防ぎながら貯蓄することができます。

口座に振り込むだけではなく、金融商品や運用に回すことも貯蓄です。

保険には貯蓄型と運用型の二種類がある

保険には、貯蓄型と運用型があります。

貯蓄型保険は、養老保険や終身保険などをさし、最終的には払った保険料が自分の元へ返ってくるため、貯蓄型保険といいます。

しかし、中途解約した場合、元本割れしてしまうもあるため注意が必要です。運用型保険は株式などが保険会社を運用するため、実績によって受け取る額が変わります。

保険での資金運用は、投資よりもリスクが少なく挑戦しやすいです。保険で運用する際には、メリットやデメリットをしっかり把握する事が大切です。

お金の使い方についてのまとめ

  • お金の使い方が上手な人は、常に計算している、貯金ができる、買い物上手、人任せしないという特徴があります。
  • お金の使い方には、消費、投資、運用、貯蓄、保険という種類があります。