ここでは、履歴書の学歴の書き方について解説いたします。
学歴は「高校卒業」「大学卒業」「大学中退」「就職した後あらためて学生に戻る」人それぞれ違いがあり、書き方もまた変わります。
この記事は、学歴の基本的な書き方から、中退などした場合の書き方、様々な学歴をお持ちの方に対応したものになっています。
結果、面接官に好印象を持たれる、履歴書を書くことができるようになります。

履歴書の学歴の書き方と注意点

いつから書くか新卒と転職者では違う

新卒と転職者で書き始めの時期が異なります。
新卒採用の場合、中学校の卒業から記載します。職歴がないため、学歴・職歴欄が空白になることを避けるためです。

一方、転職者の場合、職歴も記載するため、高校入学から直近で卒業した学校まで書くのが一般的です。

卒業だけでなく、入学も記入しよう

卒業だけではなく、入学も書きます。編入試験を受けて入学と卒業が異なる場合もあります。卒業や入学の文字は一文字に省略せず、卒業、入学ときちんと書きます。

学歴と職歴は学歴から

履歴書の『学歴、職歴』欄に書くときに、一行目に『学歴』と記載します。『学』と『歴』の間に1文字分のスペースを空けるとバランスよく書くことができます。

記載後、二行目から実際の学歴を記載します。

西暦・和暦は統一する

学歴の詳細を書く場合、年月と学校名などを書いていきます。西暦でも和暦でも統一すればどちらでも構いません。履歴書の記入日や生年月日など他の欄とも統一しましょう。

数字は漢数字ではなく、横書きの数字を使います。年や月を記載する必要はありません。

和暦の場合は全てに元号(『昭和』や『平成』)を入れて書きます。入学や卒業の年度を間違えないように卒業年度早見表を活用しましょう。

学校名は正式名称で記入

履歴書はどの欄も正式名称で書きます。学校名も長くても省略せず、正式名称で記載します。

私立、都立、府立、県立の場合
私立の場合はそのままm『私立』と記載します。都立の場合は『東京都立』、府立の場合は府名を入れて『○○府立』、県立の場合は県名を入れて『○○県立』と記載します。
高校ではなく『高等学校』
高校名も『○○高校』ではなく、正しくは『○○高等学校』です。同じ高校内にコースや科がある場合はその名称も書いておきます。『○○高等学校 △△科』という風に記載します。普通科の場合も『普通科』と書いておくと親切です。
旧漢字も正式に書く
『國』や『學』など旧漢字を使用している学校については、学校の公式ホームページに載っている漢字で書きます。例えば、國學院などです。
いつまで書くか
直近の学校まで書きます。基本的には最終学歴ですが、中退した場合や大学を卒業後、別の学校に通った場合は履歴書の書き方が異なります。
最終学歴について
例えば、大学を卒業して、専門の技術を身につけるために専門学校に通った場合、最終学歴は大学です。国が定める指標においては、大学と専門学校を比べると、大学の方が水準が上となっているためです。しかし、履歴書には専門学校の学歴も記載します。もし、その専門学校で学んだことが会社に生かせそうなら、しっかりとアピールしましょう。

中退した場合、中退の事実も履歴書に書く

中退した場合、最終学歴はその前に通っていた最高水準の学校になります。卒業していない学校は最終学歴にはならないからです。

しかし、前の学校を卒業してから就職するまでにブランクがあると採用担当者は疑問に思うでしょう。記載がなければフリーターやニートかなと勝手に思う可能性もあります。そのような誤解を避けるためにも、履歴書には中退した事実も記載しましょう。

書き方
○○高等学校△△科卒業   ←最終学歴は「○○高等学校」
○○大学法学部△△科入学
○○大学法学部△△科中退  ←履歴書には中退まで記載

休学した場合、予め理由を履歴書に書くと面談がスムーズに

休学の期間にもよりますが、1年以上休んでいる場合は、必ず面接でその理由を聞かれます。

面接で聞かれる前に簡単に学歴欄に記載しておくと、面接時もスムーズです。例えば、病気で休学していた場合は、「○年次に、病気療養のため1年休学(現在は完治)」のように書きます。

書き方
○○大学法学部△△科入学
3年時に病気療養のため、1年休学(現在は完治)
○○大学法学部△△科卒業

休学以外でも浪人や留年も同様に記載します。とはいっても1〜2年ならマイナスの印象はあまりないため、自ら触れる必要はないでしょう。面接では理由を聞かれる可能性があるので、答えられるように事前準備をしておきましょう。

留学した場合は期間によって書き方を工夫する

留学の期間によって記載欄を変えた方が良いでしょう。

1年未満の短期留学の場合、学歴と呼べる長さでないため、自由記述欄などに語学力アピールとして記載します。何語がどのくらい話せるのか、といった具体的なレベルを合わせて書いておくと有効です。

1年以上の留学の場合は学歴欄に記載しても問題はありません。「どの時期、どの国へ、どのくらいの期間、どの学校」へ通っていたかを記載します。語学力をアピールする場合は自由記述欄に補足説明をします。

就業後、再度学生になった場合も「学歴・職歴」は分けて書く

時系列で書くと、学生→社会人→学生となりますが、履歴書には学歴は学歴、職歴は職歴と分けて書きます。その方が見やすいためです。何年もブランクがあるように見えても職歴を確認すれば、一度社会人になってから再度学生になった、という事実が分かるので問題ありません。

また、大学時の卒業論文のテーマが受験している企業の業種や職種に関係がある場合、学歴の大学卒業の後に記載しておくと、ポイントアップに繋がります。

学部や学科を変更した場合は「編入学」

同じ大学内で学部や学科を変更した場合は、入学と卒業の間に「編入学」と記載します。

○○大学△△学部□□学科←入学した学校
○○大学◇◇学部◆◆学科←変更後の学部○○大学△△学部□□学科 入学
○○大学◇◇学部◆◆学科 編入学
○○大学◇◇学部◆◆学科 卒業

まとめ

履歴書の学歴の書き方についてパターン別にみていきました。ポイントは以下の通りです。

・学歴の書き始めは絶対的な決まりはないが、一般に新卒は中学卒業から、転職者は高校入学から直近で卒業した学校までを記載する

・学校名は正式名称で省略せずに書く

・直近で卒業した学校(多くの場合、最終学歴)まで書く

・休学や浪人、転部や編入などの事項に当てはまる場合は、その旨も記載する(詳細は面接で説明する)

心理統計学から自己分析ができる! Future Finder