カラスの行水の意味とは

カラスの行水とはカラスが短い時間で水浴びをする様から、入浴時間がきわめて短いという意味です。

行水にも意味があり桶やたらい等にお湯や水をそそぎそれを浴びて体を洗うことです。

対義語としては、腰抜け風呂や垢も身の内とゆうものがあります。腰抜け風呂意味としては、腰が抜けるほどの長湯です。

垢も身の内は、垢も体の一部であるから長湯をして無理に落とすものではないとゆういみです。

ちなみにカラスの行水を漢字で書くと烏の行水となり、よく読み間違える例としては烏と鳥を読み間違えることです。トリではなくカラスです。

カラスは汚れたイメージがあると思いますが実際はとても綺麗好きで体の汗などを落とし清潔に保つために水浴びが習慣になっていますが

カラスが行水するスピードは早くすぐに終わってしまいます。ちなみにカラスよりも早い行水をするのが雀です。

カラスの行水の例文

友達を温泉に誘ってもカラスの行水なので断られた。
水不足のためカラスの行水になってしまう。
いつも長風呂が出来なくカラスの行水になってしまう。
節水節水と言いお母さんはいつもカラスの行水であるいくらなんでもはやすぎる。