艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)の意味とは

艱難汝を玉にすとは人は困難を乗り越えることで玉が磨かれるように練磨されて、初めて立派な人物になるということです。

したがって「艱難汝を玉にす」とは「今は苦しくても、それを乗り越えた時にあなたは大きな成長をしているはずだ」をさします。

同義語としては、逆境は人を賢くする、若い時の苦労は買ってでもせよ、苦労屈託身の薬などがあります。

艱難汝を玉にすのビジネスシーンでの意味

艱難汝を玉にすという言葉はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスへの教訓になる言葉ではあります。ですので、艱難汝を玉にすという言葉は主に上役からの助言という形で使われています。

例えば、あなたが新入社員だったり新事業を始めたばかりだったとしますと、始めのうちは様々な難題が立ちふさがります。

ただの困難だと思わずに自分を研磨する試練だと考えることができれば、乗り越えることも容易になり結果的に将来の糧になるだろうと。そんな意味をこめて先達たちからのアドバイスとして言われることがあります。

艱難汝を玉にすの使い方と例文

君は今は苦しいだろうが、それを乗り越えた時に立派な人物になれるよ。艱難汝を玉にすと言うからね。
あの人は、10年間の下済みが身を結んで新事業を成功させた。艱難汝を玉にすはこのことだ。

 

艱難汝を玉にすという言葉を支えにして、今の逆境を乗り越えようと頑張っている。