早起きは三文の徳の意味

早起きは三文の徳(はやおきはさんもんのとく)とは、中国南宋の詩人・樓鑰の本「宋樓鑰詩」の中にある、「早起三朝當一工」という一文を由来とすることわざです。

早起きすればわずかながらも得があるという意味を持ったことわざで、類語には、「朝起き千両夜起き百両」「朝の一時は晩の二時に当たる」などがあります。

早起きは三文の徳のビジネスシーンでの意味

常に勉強をして自分を高める努力をするために、早起きは三文の徳を常に頭の隅に置いておく事が求められます。

人間の脳が最も活発に働いて学習効率が高まるのは朝であるため、少しだけ早起きして、脳が活発に働く朝に学習することで、忙しいビジネスマンでも学習効率を高く保つことが出来ます。

早起きは三文の徳の例文

早起きして綺麗な朝の空気を堪能すると、早起きは三文の徳を強く実感できる。
彼は今まで毎日夜に3時間勉強していたけど、夜の勉強をする代わりに朝早く起きて勉強するようにしたら、学習効率が上がって2時間で1日の勉強が終わるようになった。まさに早起きは三文の徳だ。