可愛い子には旅をさせよの意味

可愛い子には旅をさせよとは、子育てなどの心構えを示したことわざです。

万事快適な現代とは違い、江戸時代などの昔は交通機関も発達しておらず、旅には非常な苦労と、さらには盗賊にあったり病気をしたりといったリスクも伴っていました。

可愛い子には旅をさせよは、危険を知りつつも旅をさせることで子供の成長を期待する、厳しくも温かい親心を意味しています。

大事に思っているからこそ過保護にしないという心構えを胸に留めておくためのことわざです。子育てなどの話題に際しては、頻繁に用いられるため馴染み易い言葉です。

可愛い子には旅をさせよのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンでは、どうしても若い社員には、自分がしてきた苦労をさせたくないと思ってしまいがちなだけに、可愛い子には旅をさせよは自分を戒めるために使う事ができます。

「大学院への留学に行ってもらう」「海外の支社や出張所に行ってもらう」といった状況に際して用いることを、すこし洒落っぽくリクエストする際にも使うことが出来ます。

しかし、基本はあくまで上の立場の人が、部下たちに向けて語る言葉であるため注意が必要です。

可愛い子には旅をさせよの例文

新年度から彼には、海外の支社に行って貰おうと思っている。能力的に申し分ない彼だが、より大きくなるには必要だと思う。可愛い子には旅をさせろということだね。
君も来月から海外留学か。是非とも頑張ってくれよ。可愛い子には旅をさせろじゃないが、多分これは上層部の期待のあらわれだ。現場は僕らに任せて、君は最新の理論を吸収してきてくれ。