一寸先は闇の意味

一寸先は闇(いっすんさきはやみ)は、聞く頻度も多いことわざです。間違えることや、思いの外の事態になるという意味をあらわし、悪い印象を伝える場面で使われます。

一寸先は闇の類義語には、勝負事などの勝敗の分かれ目に使う「岐路に立つ(きろにたつ)」などがあります。

一寸先は闇の例文

運命に翻弄されている、本当に一寸先は闇だな。
専攻や職種が違うだけでこんなに生活が変わるとは、一寸先は闇だな。
一寸先は闇だから、色々なことに巻き込まれるなよ。