一攫千金の意味

一攫千金(いっかくせんきん)とは、一度にたやすく大きな利益を手に入れるという意味のことわざです。

一攫千金の同義語には、ひと儲け、大儲け、ボロ儲け、丸儲け、荒稼ぎなどがあります。

一攫千金のビジネスシーンでの意味

一攫千金はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスにおいて大切なのは、利益を得ることです。

アイディア次第で巨額の利益を出す事例も多くあるため、一攫千金はビジネスでの最大の目標として掲げられることもあるでしょう。

一攫千金の使い方と例文

本土での食いつめ者や一攫千金を夢みる奸商どもが入りこんで、(以下略)
出典:杉本苑子『決断のとき』
近頃はただ一攫千金の投機を狙っています。
出典:泉鏡花『木の子説法』