今では多くの会社で導入されているOJT研修は、現代の社会で人材育成に適しているといわれています。OJT研修を導入すること、またより効果的なOJT研修を模索している会社も多いでしょう。ここでは、OJTとは、OJTの起源、OJTのメリット、効果的なOJT研修のポイントなどをご紹介します。会社にとって大切な人材育成について理解できます。

OJTとは

「On-The-Job Training」の頭文字をとって、“オー・ジェイ・ティー”と呼ばれる人災育成研修のひとつです。

業務の現場で業務を通して、教育と訓練を同時に行う方法のことです。

OJT研修中は、現場で上司や先輩など育成担当者がつきっきりになるでしょう。たとえば、航空会社が実際の飛行機の中で、新人CAに先輩CAがついてOJT研修を行っているのを目にすることもあるでしょう。

OFF JTとは

OJTの反対語とされるのが、OFF JTでしょう。直訳すると「職場外研修」になるので、センナ―など社外での研修のことのみをさしていると思っている人も多いはずです。

正しいOFF JTの意味では、職場外での研修などの教育訓練だけでなく、社内の現場以外で行う研修のこともさしています。
OJTはたいてい1対1の研修ですが、OFF JTは集団での研修になり、より体系的な研修内容で学校の授業を彷彿とさせるような研修のことが多いです。

OJTの起源とは

OJTの起源は、第二次世界大戦の時のアメリカ造船業にあります。
大量の新人雇用に伴い、急務の新人研修が必要になり、実地訓練の方法論をもとに「4段階職業指導法」が編み出されました。

  • Show=やってみせる
  • Tell=説明する
  • Do=やらせてみる
  • Check=確認、指導

この上記4つ構成されていました。

それがさらなる改良が加えられ、TWI研修(Training Within Industry for supervisors ― 監督者のための企業内訓練)に発展し、日本に輸入されました。

  • JIT:Job Instructor Training=仕事の教え方
  • JRT:Job Relations Training=人の扱い方
  • JMT:Job Methods Training=改善の仕方
  • JST:Job Safety Training=安全作業の行い方
  • PDT:Program Development Training=訓練計画の進め方

この考え方をベースに、日本のPDCAサイクルと組み合わせて、今では人材育成の基本のひとつとして確立されています。

PDCAサイクルは、Plan=計画、Do=実行、 Check=評価、Act=改善のことで、OJT研修の現場では、特に指導者が意識すべきサイクルでしょう。

OJTのメリット

重要視されるOJTには、もっとも大きなメリットしてて、実務を通して研修をするので、即戦力に仕上げられることがあるでしょう。

また、1対1が基本なので、個人に合わせて柔軟に対応できるうえに、タイムリーにアドバイスもできます。個人の意外な持ち味や才能などにも気が付きやすいでしょう。また、トレーニングを通して、指導者や周りの人との人間関係の構築もスムーズにスタートできます。

研修にかかる外注コストを減らせるだけでなく、通常業務に出ているので全体の生産性も劇的に低下することはないでしょう。

社内の人事部など決まった人だけでなく、OJTの指導者になる多くの社員のスキルが向上し、新人が一緒に働くことで社内コミュニケーションも活性化されることも多いというメリットもあります。

OJTのデメリット

1対1の研修なので、指導者の負担が大きくなってしまうことが考えられます。指導者によっては、一度しか教えない、一度ですべてを教えようとする人もいるでしょう。

また、指導者自身の能力や認識などにより感覚的に進められて、研修のクオリティーに差がでることもあるでしょう。

業務の中での研修は、OFF JTと比べると途中になったり、途切れたりすることもあり、体系的に理解できないこともあります。研修すべてが現場任せになってしまい、現場での手間ばかりが増えることもあるでしょう。

効果的なOJT研修のポイント

デメリットから考えると、効果的なOJT研修のポイントが浮き彫りになってきます。より効果的にするためには、職場全体で取り組む、目標から逆算した育成計画、目的を意識させることなどが重要です。そのためにできることを具体的に挙げてみましょう。

OJT研修をマニュアル化して、目的・指導方法・業務内容・評価基準・計画表(達成目標期間)などをはっきりさせます。

目標はゴールの逆算に役立ち、新人と指導者だけでなく周りの人も共通した意識目的が持てるようになるでしょう。指導方法をマニュアルにするのは、指導者の負担を減らすだけでなく、どの新人も同じクオリティーの指導が受けられるようにもなります。

評価基準は、効果的なフィードバックをするにも大切になるでしょう。計画票はスケジュール管理だけでなく、段階的にトレーニングをできるようにもなります。

目的を常に意識させるためにも、フィードバックは大切です。できたことを評価することと、できなかったことを振り返るフィードバックを散りばめていきましょう。

指導者は、新人の理解度の確認と作業などの重要性を意識するためにも、Yes/Noで答えられるクローズド・クエスチェンだけでなく、オープン・クエスチョンをうまく重ねていけば、より効果的なトレーニングに結びつくでしょう。

さらに、OFF JTを組み合わせると、全体的により効果的な新人研修になります。OFF JTで効果的な内容の研修としては、ビジネスマナー研修、パソコンスキル研修、プレゼンテーション研修、コンプライアンス研修やストレスマネジメント研修などさまざまなものがあるでしょう。

OJTのまとめ

  • OJTとは、「On-The-Job Training」と言われ、業務の現場で業務を通して、教育と訓練を同時に行う研修方法のことです。職場外研修のOFF JTと組み合わせて行うと効果的でしょう。
  • OJTの起源は、第二次世界大戦の時のアメリカ造船業にあります。それをベースに、日本のPDCAサイクルと組み合わせて、今では人材育成の基本のひとつとして確立されています。
  • OJTのメリットには、即戦力に仕上げられる、柔軟に対応できる、人間関係の構築のスムーズにスタートできる、外注コスト削減、社内コミュニケーションの活性化などがあるでしょう。OJTのデメリットには、指導者の負担が大きくなる、研修のクオリティーに差がでる、体系的に理解できないことなどが考えられます。
  • 効果的なOJT研修のポイントは、OJT研修をマニュアル化、フィードバックを重要視、オープン・クエスチョン中心などがあります。