三十六計逃げるに如かずの意味

「三十六計」とは、昔の中国の兵法としてあった36種類の戦略のことをあらわしています。

「如かず」とは「◯◯には及ばない、◯◯に越したことはない。」という意味であるため、「三十六計逃げるに如かず」とは、様々な計略があるが、不利な状況になったときには逃げるのが1番よい方法であるという意味のことわざです。

三十六計逃げるの語源は、中国南朝の斉についての歴史書『南斉書』の王敬則伝にある「三十六計、走(に)ぐるを上計と為す」という言葉であるといわれています。

似た意味の言葉には「逃げるが勝ち」というものがあります。

三十六計逃げるに如かずのビジネスでの意味

「三十六計逃げるに如かず」はビジネス用語ではありませんが、ビジネスにおける戦略をあらわす際にしばしば使われます。

ビジネスの世界では、どんなに頑張ってもこれ以上利益が見込めない場合、赤字になってしまう可能性がある場合があります。

三十六計逃げるに如かずの精神で、戦略的撤退を決断しなければならないときもあります。時間や資産を無駄にせずに、新しいビジネスに投資したり、他の既存ビジネスを強化したりすることができるためです。

三十六計逃げるに如かずの例文

いざというときは、三十六計逃げるに如かずの精神を忘れないようにしよう。
これはもう、どうにもならない。一旦撤退しましょう。三十六計逃げるに如かずです。