地震雷火事親父の意味とは

地震雷火事親父とは世の中で恐いものを順に並べ、リズミカルにいった言葉です。親父が恐いとされていたのは家父長制の元でのことで、ほかに、親父は台風を意味する大山嵐が進化したともいわれています。

 

地震雷火事親父のビジネスシーンでの意味

地震雷火事親父という言葉はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスにおいて恐ろしい出来事や会社にとっての恐怖はたくさんあります。ですから、地震雷火事親父という言葉自体は時々使われます。

例えば、ビジネスにおいて恐ろしいこととは会社が倒産してしまうことです。

倒産すれば経営者はもちろん、従業員の生活に大きな影響を与えてしまいます。それだけではなく、利用してくれていたお客様の生活までもが変わってしまうのです。倒産とはまさに地震雷火事親父である。このときの意味は倒産を恐いものの一つとしてとらえ同じ恐いものを並べている言葉と揃えることで、恐さを強調しています。

地震雷火事親父の使い方と例文

俺の父親は、地震雷火事親父の言葉通りに怖い存在である。
私の友達は「俺の家では地震雷火事親父ではなく、地震雷火事女房だ」と嘆きながら言っている。
地震雷火事親父よりも恐ろしい戦争の話をおじいちゃんから聞いた。