胡蝶の夢(こちょうのゆめ)の意味とは

 

胡蝶の夢とは、「自分と物との区別のつかない、もしくは現実と夢とが区別できないことのたとえ」をさします。

荘子が夢の中で胡蝶になり、自分が胡蝶か、胡蝶が自分か区別がつかなかったという故事が由来です。

同義語としては、夢か現か、白昼夢、夢境、邯鄲の夢、春の夜の夢などがあります。

胡蝶の夢のビジネスシーンでの意味

故郷の夢という言葉はビジネス用語ではありません。

しかし、ビジネスの中で仕事をしていると様々な目標を立てて作業に取り組んでいきます。その中で自分を演じて仕事を行うことも少なくありません。そのため、胡蝶の夢という言葉自体は時々使われることがあります。

例えば、ビジネスにおいて重要なのはその職業における登場人物になりきることが大切です。

いかにその仕事において重要な点を抑えながら従事できるかによって仕事効率や大切な点を見逃さずに済みます。その最たるものは本当の自分自身が休んでいるときなのか仕事をしているときなのかがわからなくなることです。

まさに胡蝶の夢ということです。ここでの意味は本当の自分が仕事のときか友達といるときかがわからなくなることです。

胡蝶の夢の使い方と例文

胡蝶の夢のように自分と他人の境界線があいまいになったら、もっと世界は平和になると思うのに。
少しの知識で満足し生きていくことと知恵がないことは胡蝶の夢のように大きな違いは存在しない。