身も蓋もないの意味

「身」とは物を入れる容器のことで、容器の本体も蓋もなければ、中身を隠す部分がなく、なにもかもさらけ出している状態の言葉です。

上記の事から身も蓋も無い(みもふたもない)とは、表現が露骨すぎて風情がないことをあらわすことわざです。

身も蓋もないの同義語には、「端的にいう」「あけすけにいう」などがあります。

混同しやすいものに「元も子もない」ということわざがありますが、意味は全く異なり、なにもかも失なうという意味であるため注意しましょう。

身も蓋もないのビジネスシーンでの意味

仕事の遅い人に対して「まだできていないの?」など、とげとげしい、いい方になってしまうこともあるでしょう。しかし、相手も人間であるため、身も蓋もない注意をされれば不満がつのってしまいます。

人間関係をスムーズにするためには、モチベーションをアップさせるために別のいい方がないかを考えてみる必要があるでしょう。

ビジネスでの身も蓋もない言葉は、「この会議はやる意味がない。」など、問題を直接いいあらわしただけで参加者の士気を下げる言葉です。

問題を示すよりも、どうしたら改善できるのかを考えて提言することがビジネスでは求められます。

身も蓋もないの例文

せっかく彼らのいがみ合いが落ち着いたのに、「時間が経てば元に戻るよ」なんていっては身も蓋もない。
そんなにはっきりと拒絶してしまっては身も蓋もない。
そんな風にいわれたら、身も蓋もないじゃないか。