類は友を呼ぶとは

類は友を呼ぶ(るいはともをよぶ)の意味とは、気の合う、または似たような者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということです。

趣味趣向の合った物同士は仲良くなりやすく、第三者から見て似た者同士であることが多いということわざです。

志を同じくする者はお互いを引き寄せ合うという意味もありますが、日本や英語圏でも良い意味で使われることは少なく、悪い物同士が引き寄せ合う現象をさしていることが多いです。

類義語として、「類を以て相応す」や「It takes a thief to knou thief (盗人のことがわかるのは盗人)」などがあります。

類は友を呼ぶのビジネスシーンの意味

類は友を呼ぶはビジネス用語ではありませんが、ビジネスシーンにおいて頻繁に使用される言葉です。

ビジネスでは、チームやグループで進行する仕事が多く、必然的に仲の良し悪しや合う合わないといった問題が起きてきます。
良い意味でも悪い意味でも、似タ者同士の集まった集団の方が上手く進行することが多く、集団のレベルによっては揶揄する言葉となりえます。

類は友を呼ぶの例文

あの子達は、いつも一緒で性格もそっくり。類は友を呼ぶって本当だね。