キジも鳴かずば撃たれまいの意味

「キジも鳴かずば撃たれまい」とは、猟師に狙われていたキジが鳴いてしまったことで自分の居場所を知らせてしまい、撃たれれしまう様子をあらわした言葉です。

それが転じて使用されるようになったことわざで、「余計なことを言ったばかりに悪い結果になる」という意味として使われています。

同義語としては、「口は禍の元」「多言は身を害す」「鳴く虫は捕らえられる」などがあります。

キジも鳴かずば撃たれまいのビジネスシーンでの使い方

キジも鳴かずば撃たれまいという言葉は、ビジネス用語として使用されることはありません。しかし、ビジネスの場においても余計なことをしゃべってしまったことで立場が危うくなってしまったり、信用を落としてしまうこともあるでしょう。

職場やプライベートでのコミュニケーションにおいて、いつも一言多い人は、その余計な一言のせいでまわりからの信用を得られないという場合もあります。

また、ビジネスにおけるメールの送り方なども、マナーを守れずに送ってしまうことで「キジも鳴かずば撃たれまい」と同じような状況になってしまうこともあります。

キジも鳴かずば撃たれまいの使い方と例文

警察の目の前でスピード違反とは、まさしくキジも鳴かずば撃たれまいだ。
彼はキジも鳴かずば撃たれまいというのに、わざわざ名乗り出る正直者だ。
話しを蒸し返す後輩に、キジも鳴かずば撃たれまいという言葉を教えたくなった。