石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)の意味

石の上にも三年の「石」とは、冷たい石をさしており、「三年」とは、長い年数のことをあらわしています。

上記の事から石の上にも三年とは、冷たい石でも三年も上に乗っていれば温まるという状態をあらわしており、何事も長い年数をかければ成功しやすいという意味することわざです

石の上にも三年の同義語には、「牛の歩みも千里」「待てば海路の日和あり」などがあり、いずれも努力をコツコツと続けていれば結果が出るという特徴があります。

石の上にも三年のビジネスシーンでの意味

石の上にも三年はビジネス用語ではないものの、すぐに結果が出ないことも多いビジネスと、関係性の深いことわざです。

ビジネスを立ち上げてから軌道に乗るまで時間を要するケースは少なくありません。ビジネスの成功には、時代の流れや需要が関係しています。

成功のタイミングまで諦めず待ち続けられるかどうかが、成功と失敗の差になることも珍しくありません。

現代では三年と待たず新入社員が辞めてしまうことも多いため、若い人を揶揄したり鼓舞したりする言葉としても使われます。

石の上にも三年の例文

すぐによい結果が出ないことに社員が焦っていたため、社長は、石の上にも三年だから辛抱強く我慢しようと励ました。
入社から数ヶ月経っても新入社員は成長の兆しを見せなかったが、石の上にも三年という言葉を思い出して課長は希望を持つことにした。
入社3ヶ月の社員が辞表を出してきたため、上司は、石の上にも三年だぞと、辞職を思いとどまるよう説得した。