就職活動をしていると、「総合職」「一般職」と区別のある求人を目にすることがあるでしょう。

この記事では、総合職と一般職の違いや一般職についての現状、一般職を志望する人の理由、一般職のやりがいを解説します。

総合職と一般職

総合職・一般職の雇用形態ができた経緯

「総合職」「一般職」とは、企業における従業員の働き方による呼称で、営業職、研究職などの職種とは別のものです。

上記の区別ができた背景には、「雇用機会均等法」が施行されたことがあります。

1986年に施行された「雇用機会均等法」は、職場における男女の差別を禁止し、募集・採用・昇給・昇進・教育訓練・定年・退職・解雇などの面で男女とも平等に扱うことを定めた法律です。

雇用機会均等法ができるまでは、女性は時間外労働時間や深夜労働が制限されていましたが、雇用機会均等法の施行時に制限が緩くなり、1997年の改正時には規制がなくなりました。

雇用機会均等法ができる前は、求人は職種により男女を区別しているものが主で、営業職など責任のある仕事は男性、事務職は女性というような慣習がありました。

雇用機会均等法ができたことにより、性別に関わらず個人が自由に働き方を選択できることを目的に「総合職」「一般職」ができました。

総合職とは仕事内容が多岐にわたる幹部候補

総合職とは、将来的に管理職になることを期待された幹部候補であり、仕事内容が多岐にわたります。文字通り「総合的に働く」とイメージすればよいでしょう。

総合職の大きな特徴は、配置転換、転勤を伴うことです。応募時や入社時には配属が決まっておらず、入社後に様々な部署で研修をした後に配属が決まるケースも総合職には少なくありません。

一般職は定型的な仕事や補助的な仕事をする

一般職とは、定型的な仕事や補助的な仕事をする役割です。全国に支社のある大企業においても、事務職は支社単位で採用されることが多く、基本的に転居を伴う異動はありません。

業務内容は総合職のサポートにあたるもので、アシスタント業務や事務作業を主な仕事とする場合がほとんどです。

総合職との大きな違いは、仕事の種類、転居を伴う転勤がないことです。総合職に比べて大きな昇給や昇格が期待できないことも一般職の特徴でしょう。

一般職の現状

一般職の男女比は女性が八割が現状

厚生労働省が発表した「平成26年度コース別雇用管理補制度の実施・指導状況」によると、一般職採用者に占める女性割合は82.1%となっており、一般職は女性が8割以上を占めてることがわかります。

一般職の倍率は女性23倍、男性11倍とも発表されています。女性のほうが倍率が高いですが、3年前の平成23年度の調査では、女性の倍率は63倍でした。

上記のことから、女性も一般職にこだわることなく仕事を探すようになったととらえることもできます。

引用:平成26年度コース別雇用管理補制度の実施・指導状況

一般職の求人は減ってきているのが現状

学歴や性別に関わらず一般職を志望する人が増えている傾向にありますが、一般職の求人は年々減少傾向にあります。

一般職の求人が減った要因の一つには、携帯電話やビジネスツールの普及により、もともと事務職がやっていた仕事の一部が必要なくなったことがあげられます。

他の要因には、企業の人材活用の考え方の変化があるでしょう。一般職を正社員で採用するのではなく、契約社員や派遣社員などの非正規雇用で補助的な業務を賄って(まかなって)いく企業が増えています。

一般職の倍率が高いケースもあるのが現状

総合職と事務職の採用数を比べた場合、総合職の採用人数が一般職を大きく上回っているため、一般職は意外に狭き門となることも多いです。

伊藤忠商事は、2015年の採用倍率が、総合職で74倍、事務職では184倍であったと入社式の社長メッセージで述べています。一般職を志望しての就職活動は、思ったより困難を極める可能性もあるでしょう。

一般職を志望する人の主な理由

かつて事務職は女性の仕事という慣習があったため、コース別雇用制度が始まった当初は、一般職を志望するのは高卒や短大卒、女子大卒の女性が主でした。

しかし、昨今は働き方が多様化し、性別や学歴に関わらず、自分のライフスタイルと照らし合わせて一般職を志望する人が増えています。

一般職を志望する理由には、以下のものか考えられます。

ワークライフバランスを大切にしたい人

一般職は転勤や異動がなく、残業も比較的少なめです。

大切にしている趣味などがあってプライベートの時間を確保したいと考えている人は、一般職で働きたいと考える人が少なくありません。

両親の介護がある人は一般職を選ぶ

一般職は転勤や異動がないため、両親の介護など家庭の事情で転勤が難しい人には適した働き方です。

長く働きたいからこそ一般職を選ぶ

女性にとって、結婚後の仕事をどうするか人生設計を考えるうえで重要な課題でしょう。総合職として働いた場合、出産、育児で休暇をとった後に同じポストで復職できるかというと、必ずしもそうではありません。

同じポストにつけたとしても、子育てをしながら総合職の仕事を務めるのは大変な努力が必要ともいえます。

上記のように未来を考えるからこそ、結婚、出産を経ても安定して働き続けやすい一般職を志望する人も少なくありません。

一般職の主なやりがい

一般職は総合職に比べて仕事の範囲が限られている分、評価されにくく、やりがいを感じにくいところがあります。しかし、一般職にもやりがいがあります。

お客様や社内の人に褒めてもらうやりがいがある

「資料がいつもわかりやすくて助かる。」「おかげで商談が決まった、ありがとう。」など社内の人にお礼をいってもらうことをやりがいに案じることもあるでしょう。

、お客様に「いつも対応が早くて助かる。」「〇〇さんのことを頼りにしているよ。」と褒めてもらったりすることは一般職のモチベーションアップにつながります。

直接売り上げをあげることはできませんが、一般職の仕事があってこそ総合職が成り立っているといってのも過言ではないため、やりがいを感じることが出来ます。

時間内に仕事を終わらせたときにやりがいを感じる

一般職の仕事は意外にマルチタスクです。必ず締め切りが決まっているうえに、複数の人から急ぎの仕事を依頼されることも多々あります。

電話をとったり来訪者の応対をしたりと、一つのことに集中できる時間は少ないものですが、そんな中で仕事を正確に時間内に終わらせられたときには、達成感を感じます。

自分の仕事が評価されたときにやりがいを感じる

事務の仕事はミスをすればマイナス評価されますが、ミスなくこなしてもプラスで評価されにくい仕事です。事務の技術は数値で測ることが難しく、成長を評価されにくいこともあるでしょう。

そんな中で自分の仕事ぶりをきちんと評価してくれて給料がアップしたときには、喜びを感じることができます。

一般職についてのまとめ

  • 一般職とは仕事の範囲が限られている雇用形態で、基本的に転勤や転居を伴う異動がありません。
  • 総合職・一般職という区別ができた背景には、雇用機会均等法が施工され、性別に依存した募集ができなくなったことがあります。
  • 一般職の求人は年々減少傾向にあります。また、大手企業では総合職よりも一般職のほうが倍率が高いことがあります。
  • 一般職を志望する人の理由には、ライフワークバランスを大事にしたい、両親の介護があるため転勤が難しい、結婚、出産などの将来を見据えて長く働きたい、というようなことがあります。
  • 一般職は、社内の人やお客様に褒めてもらったとき、正確に時間内に仕事を終わらせたとき、自分の仕事が評価されたときなどにやりがいを感じることができます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda