この記事では、契約社員の正社員や派遣社員など他の雇用形態との違いや契約社員のメリット・デメリットについて、また無期契約社員についても解説します。

契約社員とはそもそもなにか

契約社員とは、一般的に、労働契約にあらかじめ雇用期間が定められている労働契約で働く社員のことを指します。契約社員という呼称は法律で定義されたものではなく、企業によっては準社員などの呼称の場合もあります。

正社員との一番の違いは、雇用期間に定めがあるか否かですが、賞与や昇給、退職金などの適用に差がある場合がほとんどです。

雇用期間は最長で3年(3年を超えない範囲)とされています。また、有期労働契約が通算5年を超えた時は無期労働契約に転換する仕組みができましたが、これについては後述します。

契約社員とその他の雇用形態との違い

労働者の雇用形態には次のようなものがあります。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 嘱託社員
  • 派遣社員
  • パートタイマー
  • アルバイト

これらの呼称はどれも法律で明確に定義されているものではありませんが、一般的には次のような定義で考えられていると言ってよいでしょう。

・正社員
雇用期間が定められおらず、多くは月給制で賞与・退職金などの支給対象となります。

 

・契約社員
雇用期間に定めがあり、賞与・退職金などの支給対象にはならない場合が多いです。

 

・嘱託社員
定年退職後、定年前の勤務先にそのまま勤務している人をさします。

 

・派遣社員
人材派遣会社と契約を結び、派遣先の企業で勤務する人をさします。

 

・パートタイマー
1週間の所定労働時間が、同じ事業所に雇用されている正社員と比べて短い人。パートタイム労働法では「短時間労働者」といいます。

 

・アルバイト
学生や、主となる仕事を持っている短時間労働者をさします。

契約社員のメリット

契約社員で働くことのメリットとして、次のようなことが考えられます。

契約期間満了時に辞めやすい

契約社員はあらかじめ雇用期間が定められています。

そのため、何かの目的をもって短期間働きたい人には適した働き方といえるでしょう。

お金を貯めて3年後に海外留学をしたい、契約社員として働きながら資格の勉強をして来年の試験を受けたい、などと時期が決まった目標がある人には向いています。

契約社員は仕事を掛け持ちしやすい

正社員の副業を認める企業が増えてきていますが、まだまだ副業は禁止という企業も少なくありません。

その点、契約社員は副業が禁止されていることはほぼありません。
自分の適性を探したいので複数のジャンルの仕事をしてみたいと考えている人は、契約社員で他の仕事を掛け持つ働き方もよいでしょう。

契約社員は転勤がない

正社員の場合は基本的に勤務地が限定されていないので、異動や転勤を命じられる可能性があります。

契約社員は雇用契約で勤務地が明記されていれば、転勤はありません。
家族の事情などで転勤ができないという人は、転勤のない契約社員が安心といえます。

契約社員は自分の時間が確保しやすい

契約社員は勤務時間が雇用契約で決められており、残業や休日出勤はない場合がほとんどです。

仕事以外に時間を割きたいことが多い人には、残業がないことはメリットとなるでしょう。

責任の重い仕事につかなくてよい

契約社員は、多くの場合、仕事の量や範囲がある程度限定されています。

仕事量の多さにプレッシャーを感じたり、判断をゆだねられることを苦手とする人にとっては、比較的責任の軽い契約社員が働きやすいかもしれません。

契約社員のデメリット

契約社員で働くことのデメリットとして、次のようなことが考えられます。

ボーナスや退職金がない

契約社員はボーナスや退職金が適用されない場合が多くあります。また、支給される場合も、正社員と比べて支給額が少ないケースも多くあります。

福利厚生や待遇面で差がある

正社員と契約社員では、福利厚生や待遇に差がある企業もあります。

例えば社宅に入居できるのは正社員だけだったり、契約社員は通勤交通費の上限が決められていたりすることがあります。

契約終了のリスクがある

契約社員は契約期間満了後に必ず再契約をしてもらえるとは限りません。
契約期間中はやむを得ない事情がない限り解雇されることはありませんが、契約満了時に企業が再契約しないと判断した場合には、そこで契約終了となってしまいます。

社会的信用を受けにくい

大きな買い物でローンを組むときや、家を借りるときなどに、契約社員は査定を通らない場合があります。

無期契約社員とは

無期契約社員の概要

平成25年4月に労働契約法が改正され「無期転換ルール」が出来ました。

無期転換ルール
有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。通算5年のカウントは平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約が対象です。

もう少しわかりやすくいうと、同じ会社で5年以上有期契約で働いた人は、無期契約に転換する権利があるということです。

平成25年4月以降の雇用契約についてが対象なので、平成30年4月に無期雇用へ転換した人がルール適用の最初となります。

注意しなければいけないのは、5年以上働いていれば自動的に無期雇用に転換されるわけではないということです。無期雇用への転換は、契約満了前に企業に申し出ることが必要です。

無期契約社員へ転換のメリット

有期雇用の契約社員は、契約満了時に企業の都合で再契約ができない場合もあります。無期契約であればその心配はありませんので、長く勤めたい人には契約終了の恐れがないことがメリットとなります。

無期契約社員へ転換のデメリット

雇用期間に定めがなくなったからといって正社員になったわけではありません。そのため給与などの待遇や福利厚生の適用が社員と同じになるとは限りません。契約更新がない分、待遇の交渉をしにくくなることもあるでしょう。

契約社員についてのまとめ

  • 契約社員とは、一般的に雇用期間に定めのある雇用形態のことをさします。
  • 契約社員以外の雇用形態には、正社員・派遣社員・嘱託社員・パートタイマー・アルバイトなどがありますが、いずれも法的に定められた呼称ではなく、企業によって呼称が異なる場合もあります。
  • 契約社員のメリットとしては、契約期間満了時に辞めやすい、仕事を掛け持ちしやすい、転勤がない、責任の重い仕事につかなくてよいなどがあげられます。
  • 契約社員のデメリットとしては、ボーナスや退職金がない・福利厚生や待遇面で差がある・契約終了のリスクがある・社会的信用を受けにくいなどがあげられます。
  • 平成25年4月に出来た無期転換ルールにより、有期雇用で通算5年以上働いた人は、無期雇用に転換できるようになりました。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda