就活生にとって、就活は初めてのことですが、企業側は採用活動に関する難しい用語を使うこともあるため、就活生は、採用がきまったのかどうか判断がつかないこともあるでしょう。

ここでは、内定とはなにか、内々定との違い、内定が取り消される可能性がある場合、内定後の流れと、内定辞退の方法などを解説します。

この記事を読むことで、内定に関する不安を解消することが出来ます。

そもそも内定とはなにか?

内定とは、労働契約が成立したことを意味します。

労働契約とは、労働者側からすれば入社日から労働の権利と義務が生じ、雇用側からすれば雇用の権利が発生し、指定の入社日から雇用の義務が生じることを取り交わすことです。

一般的に、新卒採用のときには、内定決定者には企業から「採用通知」が発行され、内定者は企業に「入社承諾書」を提出することによって、書面で相互に意思確認をした状態です。

多くの企業では、10月に内定式を行い、採用通知が渡されます。採用通知には、入社日や内定が取り消しになる条件などが記載されているでしょう。

内定の辞退は、憲法で職業選択の自由が認められているため、比較的簡単にできます。しかし、内定は労働契約がすでに成立している状態であるため、内定辞退は退職に近い状態になります。

退職を企業が拒めないのと同じと考えてよいでしょう。

内定の内々定との違い

内々定は、10月の内定の前に採用を約束することをさしています。内定とは時期が違うだけでなく、内々定は口頭やメールなど、書面以外の場合が多いでしょう。

内定は労働契約がすでに成立しているのに対し、内々定ではまだ契約は成立していないという違いがあります。

内々定の学生にとっては、労働契約がまだ成立していない状況であるため、取り消しは自由に行うことが出来ます。

企業側も本来であれば自由に取り消しができますが、企業のイメージが悪くなるため、内々定でも取り消しになることはほとんどないでしょう。

 

内定が取り消される可能性がある場合

内定は、労働契約の成立ですが、法的には「始期付解約権留保付(しきつきかいやくけんりゅうほつき)」とされています。

実際に働き始めるのは卒業後であることや、働き始めるまでには内定取り消しもありうることを意味しています。

内定が取り消しになる条件は、内定通知に記載されていますが、一般的には以下のような理由があります。

学校を卒業できないと内定を取り消される

内定取り消しで最も多い理由が、単位が足りなくて卒業できない事態でしょう。卒業後の就職が前提になっているため、十分に取り消しとなる理由です。

病気やけがなどで働けない事でも内定を取り消される

内定決定者だけでなく、すでに働いている人も同じですが、健康上の理由も内定取り消しの理由です。

しかし、症状によって変わるため。産業医や社労士などに相談して取り消しを決定するのが一般的です。

会社の業績悪化で内定が取り消される

業績悪化は、内定取り消しの理由にはなりにくいですが、過去には天災や2008年にあったリーマン・ショックなどの社会的な大きな経済変化をきっかけにした取り消しは、実際にありました。

内定者の犯罪行為でも内定が取り消される

内定後に知り得た犯罪行為である場合、内定取り消しの理由になります。

しかし、犯罪行為などを内定決定以前に知っていたり、あるいは知り得る状況があった場合、取り消しの理由にはなりません。

内定後の基本的な流れ

内定連絡は、必ずしも書面で伝えられるとは限りませんが、学生で就活生の場合には、多くの場合、内定通知が郵送で届きます。

内定通知以前に、メールや電話で内定の連絡があるのも一般的でしょう。

内定通知には、入社の意思をはっきりさせるための内定誓約書も同封されているのが一般的です。入社の意思をかためたら、1週間以内に内定誓約書を返送するのがよいでしょう。

1週間以内に返事ができない場合、内定した企業に連絡し、遅くても2週間以内に返事をする用意をしましょう。

内定誓約書を返送した時点で労働契約は成立していません。内定式に出席して承諾書を提出した時点で、労働契約が成立されます。

多くの企業では、入社日までに内定者をフォローするために懇親会や交流会、食事会が開催されることが多いでしょう。行われる会には、できるだけ参加しておくのがベターです。

内定が決定した時点でお世話になった人に報告とお礼をするのも大切です。プライベートはもちろん、OB・OG訪問で担当してくれた先輩にも報告するようにしましょう。

 

内定後に気分が晴れないのは内定ブルー

せっかくな内定を勝ち取ったのにも関わらず、気分が晴れない時期が続くことが「内定ブルー」といわれています。

内定を決めた自分の判断に満足できない、内定先の悪いことばかりが気になる、先のことばかり考えすぎてしまうなどの原因で内定ブルーになる人が多く、完璧主義の人に多く見られる傾向にあります。

ネガティブな感情に支配されるのではなく、発想や視点を変える事で内定ブルーを抜け出すことができます。

これからの社会人生活をよいものにするにはどうしたらよいか、社会人としてどんな自分の力を会社で発揮できるかなど、ポジティブな考えをする事が大切です。

内定式前でも懇親会などに出席することで、事前に会社の先輩に会えたり、同期になるかもしれない人たちと情報交換もできたりするでしょう。積極的に参加することで、内定ブルーの予防になることもあります。

内定辞退の方法

本命の会社やよりよい条件の会社から内定をもらったときには、内定を辞退しなければいけない会社も出てきます。内定辞退は、辞退する企業の採用活動に影響を与えてしまうことを理解しておきましょう。

まずは、採用担当者に電話で内定辞退の意思を丁寧に伝え、直接お詫びに行くのがマナーです。理由を聞かれた場合には、企業名を伏せ「他社から内定をいただいた」とするのがよいでしょう。

内定を辞退することを決めた場合、すぐに連絡をするのもマナーです。早ければ早いほど、辞退する企業に対しての影響を最小限にとどめることができます。

労働契約の関係からいえば、最悪入社日の2週間前までの辞退も可能とされています。しかし、内定誓約書を一度提出した企業へは、よほどのことがない限りは入社するのが一般的です。

内定についてのまとめ

  • 内定とは、雇用する側と労働する側がお互いに合意したこと、また労働契約が成立したことを意味します。内々定は、採用を約束することをさしています。内定は労働契約がすでに成立しているのに対し、内々定ではまだ契約は成立していないという違いがあります。
  • 内定が取り消される可能性があるときとして、学校を卒業できない、病気やけがなど健康上の理由で働けない、会社の業績悪化、内定者の犯罪行為などがあるでしょう。
  • 内定後の流れとしては、内定誓約書を返送したり、内定者フォローの懇親会などに参加したり、お世話になった人に報告とお礼をするなどがあります。また、内定ブルーになる人もいるため注意しましょう。
  • 内定辞退は、採用活動に影響を与えてしまうことを理解し、なるべく早く採用担当者に電話で伝えます。労働契約上は、入社日の2週間前までの辞退も可能とされています。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda