ローマは一日にして成らずの意味とは

ローマは昔繁栄したローマ帝国のことです。ローマ帝国も築くまでに約700年も歳月がかかり、長い苦難の歴史がありました。

したがって、ローマは一日にして成らずとは、「様々な大事業とは長年の努力なしに成し遂げることは出来ない」ということをさします。

同義語としては、大器晩成、大きい薬缶は湧きが遅いなどがあります。

ローマは一日にして成らずのビジネスシーンでの意味

ローマは一日にして成らずという言葉はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスを成功させることはまさに長い苦労と努力があって起こるものです。そのためローマは一日にして成らずという言葉自体は時々使われるでしょう。

例えば、ビジネスのスタートはどの事業にしても電話一つやビジネスを立ち上げた人の努力から始まります。

さらにビジネスを成功させるには仲間を増やし、長い年月をかけながらみんなの努力や降りかかる苦労を乗り越える必要があります。

その先に成功という名のゴールがあるので、ローマは一日にして成らずという言葉がつかえます。ここでの意味は、どのようなものであってもすぐに成功するわけではなく、長い努力が実を結ぶものであるということです。

ローマは一日にして成らずの使い方と例文

あなたは成績が上がらないからといってすぐに勉強をさぼるが、ローマは一日にして成らずだよ。
勉強をちょっとしたからといって、身について成績が上がるのはそんなすぐではないということ。