安物買いの銭失いの意味

安物買いの銭失いとは、ついつい安易に安物を買っても、すぐに壊れてしまったり、機能に不満があったりで使えなくなってしまい、結局はお金を失ってしまうだけの結果になる、という意味のことわざです。

安物買いの銭失いのビジネスシーンでの意味

安物の製品に手を出して失敗するケースは古今東西あるだけに、ビジネスシーンでも常に使いようがあり、また戒めておきたい言葉です。

部署の備品をどうするのか、といった際にも使える上、なにをするにも一定のコストはかかるものであるため、新たな事業拡大や新人登用の際にも使っていくことができるでしょう。

スピーチなどで使ってしまうと、ややせせこましい印象を与えてしまいがちですが、その他の局面であれば制限なく使うことができます。

安物買いの銭失いの例文

社員食堂の椅子のグレードを下げるって?ダメダメ、値段を悪くして品質そのままってのは難しいんだから。買い替えるにしても今までと同じレベルにしとかないと、安物買いの銭失いになっちゃうよ。

 

もう少し募集をかけ続けましょう。すぐに来てくれた熱意は認めますが、今候補に上がっている彼には経験がない。注意深くやらないと、安物買いの銭失いになりかねません。