女心と秋の空の意味

女心と秋の空とは、気持ちや思いが次々に変わるという意味のことわざです。

女心とは、気持ちが変わりやすかったりすることもよくあり、好きな気持ちや嫌いな気持ちなど様々あります。

女性の気持ちは気分が変わりやすいように、秋の天気もはっきりしない事から生まれました。

女心と秋の空のビジネスシーンでの意味

女心と秋の空は、仕事にメリハリがなかったり、仕事に集中することが出来なかったりするときに使います。

秋の半ばになると天気も優れておらず、仕事にも気持ちが入らないときは上司から怒られたりします。

言葉では反省しますといいながらも、気持ちとしては「女心と秋の空のようだ。」ということがあるでしょう。

女心と秋の空の例文

仕事のことを考えたい、でも最近凝っている趣味にも集中したい。まるで女心と秋の空のようだ。