光陰矢の如しの意味

「光陰」は、時間をあらわす「光(日)」「陰(月)」をあらわしています。

上記に早いことを意味する「矢の如し」が付くことで、光陰矢の如しは、月日が流れるのは放った矢のように早いということを意味しています。

類語には「光陰流水の如し」「歳月人を待たず」「盛年重ねて来らず」「今日のあとに今日なし」などがあり、いずれも月日が経つのは早いという意味で使われます。

光陰矢の如しのビジネスシーンでの意味

光陰矢の如しという言葉はビジネス用語ではありませんが、ビジネスの中でも当てはまることは多く、人や物事に対して使われることがあります。

会社の中で新入社員として入ってきた子が、いつのまにか仕事を覚え教育する側になっていたり、携わっていたプロジェクトが、忙しなくしている間に終わってしまったりするでしょう。

単純にときの流れの速さをあらわすものではなく、あっという間に流れる時間を大切に使いなさいという意味も込められています。

光陰矢の如しの例文

人生とは光陰矢の如し、毎日を大切に生きよう。
光陰矢の如しのごとく学生時代はあっという間に過ぎていった。
社会人になってもう3年、光陰矢の如しだ。