春眠暁を覚えずの意味

「春眠暁を覚えず」とは、春の夜は気候に優れており、短くもあるため、ついつい寝過ごしてしまいがちになる、という意味のことわざです。

春眠暁を覚えずの使い方

春への季節の変わり目で眠いときなどに、単純に「眠い」というよりも、サラッと「春眠暁を覚えずで……」と口にする事で、ずっと知的で優雅な印象を与えることが出来ます。

春眠暁を覚えずの例文

春眠暁を覚えずっていうけど、確かに春の夜は短いよね。まだまだ寝足りない気分だよ。
しかし今日は遅刻してくるという者が多いな。春眠暁を覚えずとはいうが、春が来るたびにこれでは、ゴールデンウィークまでに間に合わなくなってしまうぞ。