三つ子の魂百までの意味

三つ子の魂百までとは、幼少からの気性、性格、根性は、年老いてからも変えることができないという意味のことわざです。

「魂」の部分が他の単語に入れ替わっていたり、「百」という年齢を示す部分が別の数字に変えられて表現されることもありますが、意味自体は変わるものではありません。

似た意味のことわざには、「雀百まで踊り忘れず」があります。

三つ子の魂百までのビジネスシーンでの意味

三つ子の魂百までは、ビジネスシーンでもよく使う事が出来る言葉です。

「最近、子供の頃やっていたサッカーにまたハマり出しちゃって。」という場合や、「子供の頃好きだった番組にまたハマっちゃって。」など、軽い会話に対して用いることができます。

三つ子の魂百までの例文

三つ子の魂百までじゃないけど、最近また、プロ野球カードを集めるのに凝っちゃって、退社してからの楽しみなんだよね。小遣いで十分足りるし。
昨日のテレビは実に面白かった。僕が子供の頃ハマってたヒーローが勢ぞろいだったからね。三つ子の魂百までっていうのかな、ついつい二時間も画面に張り付いていたよ。