人事を尽くして天命を待つとは

人事を尽くして天命を待つとは、「自分自身で持てる限りの能力を尽くして全力で取り組んだが、自分の力ではどうすることもできないという状況になったとき、後は焦らず、その後の状況を天に任せる」といった意味を持つことわざです。

「全力で取り組んだのだから、その後は運命や結果に左右されても悔いはない」といったような意味でもあり、複雑な心境の時に用いることが多いとされています。

言葉の由来は南宋初期に活躍していた中国の儒学者の1人である「胡寅」の「読史管見」の「人事を尽くして天命に聴す」に基づくとされています。

人事を尽くして天命を待つのビジネスシーンでの意味

プレゼンテーションなどの場面において、その日のために一生懸命取り組んできており、どうしても成功させたいという一心で発表を行ったというような場面で使えるでしょう。

その後の採用や不採用、成功か失敗かは上の判断に委ねられるため、運命は自分でどうすることもできないといった状況をまさにあらわします。

一生懸命頑張ってきたことに対しての結果を待っているときに用いられることが多いです。

人事を尽くして天命を待つの使い方と例文

一生懸命このプロジェクトに頑張ってきたのだからきっといい結果が出るだろう。後は人事を尽くして天命を待つだけだ。
君はよく頑張った。後はどうすることもできないから人事を尽くして天命を待っていた方がいいだろう。