ビジネスでもニュースなどでも、金融という言葉はよく耳にしますが、なにげなく使っている人も多いでしょう。

ここでは金融とはなにか、直接金融と間接金融の違い、金融や金融庁について解説します。この記事を読むことで、ビジネスマンとして必要な、金融の知識を把握する事ができます。

そもそも金融とはなにか?

金融とは、金銭の融通のことをさす言葉で、一般的には、資金に不足する人と過剰に保有する人の間で融通することをあらわします。

広い意味では、国内で企業などの組織から個人や、国をまたいで為替などで、資金を調達する事です。「広義の金融」または「金融システム」とも呼ばれます。

狭い意味での金融は、業種としての金融をさすでしょう。金融業の業態には、銀行・投資銀行・証券会社・保険会社だけでなく、リース会社や信販会社、貸金融業などもあり、まとめて金融機関と呼ばれます。

直接金融と間接金融の違い

金融には、直接金融と間接金融の2つの流れがあり、一般的には、証券会社が直接金融、銀行が間接金融といわれています。

直接金融とは、お金が必要な人に直接お金を出資することをいい、一般的に直接金融でお金を出す側は「投資者」や「投資家」と呼ばれます。

直接金融には、株式や債券、先物取引・スワップ取引・オプション取引などのデリバティブなどを介してお金を受けとる側への流れを作る仕組みがあります。

直接金融では、証券会社が代表格でしょう。証券会社は、株式や債券などの販売手数料を利益として成り立っています。

直接金融では、貸したお金が回収できるかの信用リスクは投資する人が負うことが直接金融のデメリットですが、間接金融よりも利益が大きいというメリットです。

直接金融に対して間接金融は、お金を貸す人と借りる人の間で第三者が介する事が特徴です。もっとも一般的な間接金融の商品は銀行預金でしょう。

銀行は預金を集めて、お金を個人や企業などに銀行が貸し出します。預金している人や企業は、利息を得る事が出来、借りる人や企業は見返りに利息を銀行に支払います。

銀行は、貸し出しに対して入る利息を収入にしています。お金を預金した人や企業にとっては、信用リスクを負うことなく利息分の収入を得られるメリットがあるでしょう。

金融機関コードは金融に係る機関に付与される番号

金融機関には、4桁の金融機関コードが全国銀行協会の金融機関共同コード管理委員会から付与されます。銀行コード、全銀協コードともいわれることがあるでしょう。

銀行だけに付与されるコードではなく、金融に係る機関の多くに付与されています。

日本銀行が0000、都市銀行が0001から0032を使用し、地方銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、証券金融会社、銀行系クレジットカード会社、生命保険会社、損害保険会社などに与えられています。

希望によっては証券会社や外国銀行にも付与されます。金融機関コードの検索は、PCやスマホなどのモバイルでもできます。

PC版 金融機関コード銀行コード検索
モバイル版 金融機関コード銀行コード検索

金融は金融庁の管轄

日本の金融は、内閣府の外局のひとつである金融庁によって守られています。

もともと、大蔵省が金融全般を取り仕切っていましたが、1998年に発覚した大蔵省接待汚職事件を契機に形態が変わりました。

金融制度の企画立案を仕切るため事務以外は、内閣府の外局である金融監督庁が1998年に、大蔵省にかわり新設されました。

2000年に大蔵省の金融制度の企画立案を仕切るため事務と金融監督庁の機能を統合し、金融庁ができました。

金融庁の幹部には、金融担当として内閣府特命担当大臣(通称:金融担当大臣)、内閣府副大臣、内閣府大臣政務官がいます。

金融庁長官や、幹部のひとつとして金融国際審議官も配置されています。

金融商品取引法とは金融取引を公正なものにする法令

金融庁が所管している法令は、銀行法や金融機関再建整備法など数多くあります。よく耳にする金融庁所管の法律の中には、金融商品取引法があります。

金融ビッグバンといわれた金融の規制緩和以来、マーケットが大きく変わり続けているのに合わせて、金融商品取引法は平成19年秋に本格施行されました。

世の中が今でも貯蓄から投資に移行しつつあるため、有価証券の発行や売買など取引について規制している法令が金融商品取引法です。

通称を金商法ともいわれ、主には証券などの取引利用者(投資家)を保護し、さらには取引の利便性を向上させ、経済を円滑化させる目的などがあります。

金融庁は金融商品取引法により、インサイダー取引などの不正を防止するために企業に情報開示をさせる整備をしたり、金融商品取扱業に対して必要な事項を定めたりし、金融商品取引所の健全な運営を目指しています。

金融についてのまとめ

  • 金融は端的にいうと、金銭の融通のことをさしています。
  • 組織から個人、もしくは国をまたいでの資金を調達する一連の流通は、「広義の金融」または「金融システム」とも呼ばれるでしょう。狭い意味での金融は、業としての金融をさすでしょう。
  • 金融には、直接金融と間接金融の2つの流れがあります。一般的には、証券会社が直接金融、銀行が間接金融と言われています。直接金融とは、お金が必要な人に直接お金を出資することをさしています。
  • 間接金融は、お金を貸す人と借りる人の間に第三者が買いする流れです。金融機関には、4桁の金融機関コードが付与されるでしょう。
  • 金融は、内閣府の外局のひとつである金融庁によって守られています。主に、証券などの取引利用者(投資家)を保護し、さらには取引の利便性を向上させる、経済を円滑化させるなどの目的があるでしょう。