強硬手段の意味

強硬とは自分の立場・主張を強い態度で押し通そうとすることで、手段とは目的を実現させるためにとる方法のことです。

上記の事から硬手段とは、目的達成のために手段を選ばず、自分自身のやり方を押し通すことを意味する四字熟語です。

強硬手段のビジネスシーンでの使い方

強硬手段という言葉はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスにおいては、目的やノルマの達成に向けて行動していくことが大切であるため、強硬手段が使われることは少なくありません。

ビジネスにおいては、与えられたノルマをどうしても達成しなければいけない場面が出てきます。

会社から推奨されているマニュアル通りの仕事のやり方ではなく、例えそのやり方がグレーなもので周りに反対されても、目標達成のために行動を起こすケースもあるでしょう。

強硬手段の例文

あまり、ふだんひどいしうちをうけているので、彼らは強行手段に出たんじゃないだろうか。
出典: 群ようこ『無印親子物語』
跋扈する勤王過激派を封じこめるべく幕府は、京都に守護職をおく強行手段に出た。
出典: 小堺昭三『男の切れ味(上)』
小端は、ボランティアで出入りする卒園生を金で抱き込んで、園長はんの代表印を持ち出させる強行手段に出たんや
出典: 姉小路祐『動く不動産』
ディードリットは傭兵たちがいきなり強行手段に出たことに少なからず動揺していた。
出典:水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』