柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)の意味

「柳眉(りゅうび)」は柳のように細く、美しい眉という意味をあらわし、美しい人の眉にも比喩される言葉です。

「倒豎(とうじゅ)」は逆さになって立てるという意味の言葉です。眉を吊り上げて怒るというさまをあらわしているため、いつもは眉が下がっている前提を意味しています。

上記の事から柳眉倒豎とは、美しい女性が眉を吊り上げて怒るという意味の四字熟語です。

同義語としては、怒る、憤る、癇に障る、逆鱗に触れる、癪に障る、腹が立つ、目くじらを立てるなどがあります。

柳眉倒豎のビジネスシーンでの使い方

柳眉倒豎の言葉自体はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスにおいて同僚や、部下に対して仕事上のミスやなどを怒るときに柳眉倒豎を使うことができます。

「上司は部下に対して柳眉倒豎である。」といえば部下に対して叱咤激励をする上司をあらわすことが出来ます。

柳眉倒豎の使い方と例文

不始末を隠していた部下の報告を聞いた私は、やさしい顔を一変させ、柳眉倒豎、叱責の声を部下にぶつけた。