瓦釜雷鳴(がふらいめい)の意味

瓦釜雷鳴(がふらいめい)とは、古代中国の忠臣が詠んだともされる詩が元の四字熟語です。

瓦釜(がふ)とは素焼きで作られた土製の釜で、長く使い込まれるような鉄釜などとはまったく違うものである事から転じて、まるで取るに足らない小人物を意味しています。

瓦釜雷鳴は、取るに足らない小人物が雷鳴のように自分の権勢を鳴り響かせているという意味から、古今東西多くの人を悩ませてきた状況をあらわす四字熟語です。

瓦釜雷鳴のビジネスシーンでの使い方

瓦釜雷鳴ビジネスシーンでの使い道が多い言葉です。

上層部や上役への批判で使われるため、使う場面には十分気をつけることが必要ですが、適したタイミングで使うことができれば、実は俺もそう思っていた。」などと、支持を得ることができるでしょう。

瓦釜雷鳴の例文

今回の人事は本当に最悪だったな。あの課長が一気に人事部長だなんて、これではまさに瓦釜雷鳴、ボーナスカットの声も大きくなるかも知れんな。
今後人の上に立つと決めた者は、少なくとも社内では瓦釜雷鳴の愚を避けて欲しい。どっしりと構えてこそ、人材は育つものだからな。