現代の最新の現場では、企業の採用現場で第二新卒が注目されています。

この記事では、第二新卒とはなにかや、企業によいイメージを持ってもらえる志望動機の伝え方、面接での受け答えを中心に、第二新卒の転職を成功させるポイントを解説します。

そもそも第二新卒とはなにをさすのか

第二新卒とは、一般的に「新卒で入社して3年以内に転職をする人」のことをさします。

若手の求職者をさすものには「既卒」という言葉もあります。第二新卒と既卒の違いは、第二新卒は学校を卒業してから一度企業で働いた経験があるのに対し、既卒は卒業してから一度も就職することなく数年が経過した人のことです。

第二新卒も既卒も一般的には卒業後3年以内をさしますが、法的な定義があるわけではないため、企業によって見解の違いがある場合があります。

応募要件には「第二新卒積極採用(〇〇年以降の卒業)」などのように、年齢や卒業年度で明示してあることが一般的です。

第二新卒を採用することの企業にとってのメリット

第二新卒はビジネスマナーを身につけている

第二新卒を採用するのメリットのひとつは、基本的なビジネスマナーの研修が必要ないことです。

第二新卒はほとんどの人が新卒で入社した会社でマナー研修を受け、数か月~数年は企業に勤務した経験があり、基本的なマナーが身についています。

マナーの教育を省き、すぐに実務に入れることが企業にとってのメリットです。

第二新卒は柔軟性がある

第二新卒は社会に出て数か月~数年の若い人材であるため、中途採用と比べると比較的柔軟で適応力があります。第二新卒は社風になじみやすいところも企業にとってメリットでしょう。

企業が第二新卒に求めているもの

企業が第二新卒に求めているのは、専門的な実務スキルではなく、高い意欲を持っているかどうか、社風になじめるかどうかなどの人物面を重視しています。

現代では、新卒で入社した人の約3人に1人は3年以内に離職するといわれています。転職市場における第二新卒の割合は多いため、企業も第二新卒の採用には力を入れています。

転職する側もチャンスと捉え、前向きな気持ちで転職活動に取り組むことが転職成功の秘訣でしょう。

第二新卒の転職においての転職理由の伝え方

面接官はどうして転職理由を聞くのか

第二新卒の転職で、面接官に必ず転職理由を聞かれるのは、面接官はどうしても「うちに入ってもすぐに辞めてしまわないだろうか?」と案じてしまうためです。

なぜ前職を辞めたのか、自社を志望したのはどうしてか、などという転職理由を企業側は詳しく聞き、自社では長くやっていけそうかどうかを判断したいと考えているでしょう。

転職の理由はポジティブな表現で伝える

転職理由を答えるときには決して嘘をつく必要はありません。面接官は多くの人と向か合ってきた面接のプロであるため、よい印象を与えるためにその場しのぎで嘘をついても見抜かれてしまい、かえってよい結果を生みません。

しかし、伝え方には注意が必要です。同じ内容のことをいうにしても、ネガティブな表現は避け、ポジティブに伝わるように話すことが大切です。

残業が多いことが転職の理由である場合、以下のように伝えるとネガティブな印象になってしまいます。

連日の残業で、プライベートがなくなってしまうことが辛かったから。

同じ理由でも、以下のように前向きな理由を付加して話すことでポジティブに伝えることが出来ます。

連日残業で帰社時間が遅く、スキルアップのためのスクールに通う時間がどうしても捻出できませんでした。私は学生のときから中国語を勉強し、将来は中国との貿易に関わる仕事に就きたいと考えています。

そのため、語学の社内研修が受けられる御社を志望しました。

自分勝手と捉えられることは理由にしない

自分が工夫や努力をすれば解決できたことを転職理由にすると、採用してもまた自分勝手な理由で退職するのではないかと思われてしまいます。

自分の力ではどうしても解決ができそうになかった会社規模の問題を、転職することで解決したいということであれば、面接官も納得できる理由になるでしょう。

待遇面や人間関係を理由にするのは好ましくない

給料が安い、待遇に不満があったなどの理由は、面接では伝える転職理由としては好ましくありません。

第二新卒は前職を短期間で退職しています。「そんな数年で給料に不満を持つのか」「自分が成長して昇給しようと考えない人間なのか」などと面接官に思われてしまわないとも限りません。

他にも、人間関係に不満があったり、ハラスメントを受けていたことなどを短い面接時間の中で伝えようとすると、どうしてもネガティブなイメージになってしまいます。面接の中では、ポジティブに伝わる理由に絞って伝える事が得策です。

第二新卒の転職での面接の受け答え

第二新卒の面接では意欲や熱意を伝える

第二新卒の採用で企業側が重視しているのは、意欲や熱意、目的を持った人間か、ということです。第二新卒は前職での実務経験が長くないため、専門性や高いスキルを売りにするのは無理があります。

自分のやってきた仕事や身につけたスキルのことは話すべきことですが、一番の決め手にするのではなく、新しい職場でどんな風に働きどんな成果を出したいのか、どんな人間になりたいのかを真っ直ぐな気持ちで伝えることが大事です。

第二新卒の面接での受け答えの例

Q.今回転職しようと思った理由を教えてください。

よくない例
私は海外支社での勤務を希望していましたが、配属は本社の営業部でした。いつかは行けるだろうと待っていたのですが、会社の都合で海外勤務ができなくなったので転職しようと思いました。

よい例
私は海外支社での勤務を希望していましたが、配属は本社の営業部でした。まずは本社で経験を積みながら語学の勉強をし、実績を作ったうえで配置転換の希望を出そうと思っていたのですが、会社が業務を縮小し海外支社を閉鎖してしまいました。

本社での営業にもやりがいを感じていましたが、どうしても海外で働きたい思いが大きくなり、この度、海外勤務候補としての人員を募集している御社を志望しました。

よくない例は受け身で後ろ向きな印象があります。同じ理由での転職でもよい例のようにいい換えることで、業務の縮小という自分の努力ではなんともできなかったことが理由なことや、どうしてもやりたいことがあっての転職であるという熱意が伝わります。

Q.あなたのどんな能力が会社に貢献できると思いますか?

よくない例
私は前職で1年間、ゲームソフトのプログラミングに携わってきました。大学でもプログラミングを学んでいたため、プログラミング能力には自信があります。

よい例
私は前職で1年間、ゲームソフトのプログラミングに携わってきました。プログラムの腕は正直まだまだですが、休日を利用して他業種交流会に参加したり、大学の友人と仕事の意見交換をするなど、視野を広げる努力をしております。

御社では、プログラマーでも商品の企画に関わるチャンスがあるときいております。視野を広く持ち柔軟な発想ができる私の強みを活かして、御社で活躍して行きたいです。

第二新卒では専門性をアピールの柱にするには経験が短すぎます。自分の人となりや熱意を伝えることが大切です。

第二新卒の転職についてのまとめ

  • 第二新卒とは、一般的に「新卒で入社して3年以内に転職をする人」のことをさします。
  • 企業にとって第二新卒を採用するメリットは、第二新卒者は基本的なビジネスマナーを身につけていて、中途に比べて適応力があるところです。
  • 企業が第二新卒に求めているものは、専門的なスキルよりも意欲や適応力です。
  • 第二新卒の面接で転職理由を話すときには、ポジティブに伝わるように話すことが大切です。
  • 第二新卒の面接の受け答えのポイントは、無理に背伸びをせず、意欲や熱意を素直に伝えることです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda