医療関係の仕事は専門性が高く、資格が必要な職業が多いため、転職に比較的有利であるといわれています。

この記事では、保健師の転職について以下の点を解説いたします。

この記事の内容
・保健師の転職
・保健師の勤務先と難易度

保健師への転職は簡単ではない

保健師は市町村の保健センターや企業、学校などで病気や怪我を予防するための保健指導や健康診断などを行う仕事をしています。

企業などにも保健師をおき、保健師は、社員のメンタルヘルスを改善するためにアドバイスを行うこともあります。社員の相談を受け、心のケアや社内改善などの対策を考える事もあるでしょう。

現代では様々なところで必要とされている保健師ですが、転職はあまり簡単ではありません。医療業界や福祉業界の中では保健師の人数はあまり多くないため、求人数自体も少ない現状です。

保健師の多くが公務員なこともあり、年齢制限や筆記試験などがあり、誰でも簡単になれる職業ではありません。

一般企業や保健センターなどで働いている保健師は、賃金の不満や、正社員での採用が少ないことから、職場を変える転職が多いです。

保健師にもいろいろ種類があるため、それぞれの状況や働く環境によっても、転職の多い少ないが決まります。

保健師の転職先の難易度と年齢制限

産業保健師は人気で経験者が求められる

産業保健師とは、企業に設置されている医務室や健康保険組合などで働く保健師のことをさします。現代では、メンタルヘルスの管理の面から、大きな企業ではかなりの割合で産業保健師が置かれているでしょう。

大企業で働くことが多いため、他の保健師よりも給料は高い傾向があります。

企業内での定期健康診断の実施や、うつ病などのメンタルヘルスに関する病気のケア、メタボリックシンドロームなどの成人病に対するアドバイスやケアなどを行います。

他の職場に比べて体力的にも精神的にも負担が少ない職場が多いため、保健師の中でも1番人気の職場といっても過言ではありません。

上記の理由から、一度産業保健師として働き始めた人は、なかなか離職せず、めったに募集がありません。

配属される人数が少なく、1人で様々な業務を行うため、ある程度、保健師としての実績や経験がある方が好まれます。30代から40代を希望する企業も多く、資格を取ったからといってすぐに産業保健師として働ける人は多くありません。

行政保健師も人気があり年齢は30歳前後

行政保健師は、産業保健師の次に人気がある職業で、全保健師の半数以上が行政保健師です。

都道府県や市区町村に所属しているため、扱いは公務員です。

他の公務員と同じく土日祝はお休みで、福利厚生などもきちんとしている事が特徴でしょう。

公務員であることや、雇用が安定していることから、行政保健師も人気があります。

仕事内容は、感染病(新型インフルエンザ等)に対する危機管理やアドバイス、障害者、難病患者等への保険サービス、市区町村保健師会の研修、疫学や統計に関する仕事など業務の内容も幅広いです。

他の保健師に比べて、多くの人に影響及ぼす仕事が多いのが行政保健師です。赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の地域住民と接し、相談に乗ります。コミニケーション能力も問われる仕事です。

公務員として働く場合が多いため、年齢制限は30歳前後であることが多いでしょう。

学校保健師への転職は狭き門

学校保健師は、大学や専門学校、一部の私立の小中高の学校で働き、勤務している学生や職員の怪我の手当てや応急処置、病気予防のアドバイスを行います。

ときには、心の病を抱えている学生と話をしたり、不良学生の相手をしたり、と思春期の多感な時期である学生と交流することが多い仕事です。

子供が好きで、成長を間近で見れてやりがいを感じられる人には学校保健師が向いています。教師とは違う立場で、学生の成長を見守ることができます。

しかし、毎年決まった時期に募集があるわけでもなく、空きがあれば募集をするという形であるため、学校保健師は非常に狭き門だといえるでしょう。

病院保健師の環境は場所によって異なる

病院保健師は、総合病院やクリニック、訪問看護ステーションなど病院の施設で働く保健師のことです。

主な仕事は、病院にいる患者さん回病気にならないための健康指導を行います。病院の中でも所属する診療科によって仕事内容が異なります。

病院保健師は、病院の数が多いこともあって行政保健師に続いて従事している人が多い職業です。

病院によって、募集する保健師の雇用形態や年齢は異なり、地域によっても給与に差があります。

保健士が転職サイトを使う理由

資格が取れても保健士は就職先を見つけるのが難しいです。求人が少ない上に、人気の職業であるため、毎年新しい保健師が誕生しているのが転職の難しい理由です。

新卒採用だけではなく、転職者にも同じことがいえます。現在の仕事をしながらの転職はとても忙しいでしょう。

現在の職場よりも待遇面で条件アップをさせたい人や、自分1人で転職先を見つける自信がない人などが転職サポートのある転職サイトを使っています。

保健師におすすめの転職サイト

保健師という専門分野に特化した求人サイトがあればよいのですが、保健師だけは使った求人サイトはあまり見かけません。しかし、多くの保健師の求人を使った媒体はあります。

マイナビ看護師は幅広い求人が特徴

マイナビ看護師は、転職サイトの中でも最大手のマイナビが運営しています。看護師だけではなく、病院で働く特定保健指導の求人や産業保健師求人などが多く出されており、保健師の求人情報を得るのに適しています。

非公開の保健師求人も数多く取り揃えているため、無料登録をして担当者に希望を伝えてみましょう。正規職員での9人も多いため、マイナビ看護師は長期で働きたい人にも、転職した人にも適しています。

医療ワーカーは医療分野に特化している

医療ワーカーは名前の通り医療分野に特化した求人を扱っているサイトです。

看護師が中心ではありますが、保健師の求人も全国レベルで400件近くは出ています。担当者のサポートはマイナビなどのように大手には及びませんが、求人情報を得るために登録しておくのもよいでしょう。

ナースフルは非公開求人に強い

ナースフルは公開されている保健師求人が少ないサイトですが、非公開求人に強い転職サイトです。

関東や関西エリアの求人が多いため、その地域の保健師の人にとってはぜひ登録しておきたい転職サイトの1つです。

公開している求人の場合、全国から一斉に応募が集まりますが、非公開求人を中心に紹介しているため、競争率も後悔しているものよりも低く、充実しています。

パソナメディカル病院以外の求人に強い

転職サイト大手のパソナが運営するパソナメディカルにも保健師の求人情報が載っています。他の会社の転職サイトに比べると、保健師特集は組まれていませんが、病院以外の保健師求人に強いといわれています。

企業や学校、保育園などの求人が多いため、保健師の中でも産業保健師を考えている人には、ぜひおすすめしたい転職サイトです。地域も全国規模で公開されています。

保険氏への転職についてのまとめ

  • 保健師は長年働ける仕事であるため、求人数が少ないです。
  • 保健師は企業や病院、学校で働き、それぞれの場所によって役割が多少異なります。
  • 働く場所によって雇用形態も待遇面も異なるため、よりよい条件を求めて転職する人も少なくありません。
  • 保健師は国家資格が必要ですが、国家試験よりも養成学校に入る方が難しいといわれています。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda