佳人薄命(かじんはくめい)の意味

佳人とは「美人」と同じ意味を持つ言葉ですが、同時にとても薄幸なことや、内面も優れている女性を意味する言葉です。佳人薄命とは美しく、知性があり、気品があって生まれたせいで数奇な運命に遭い、幸せになりにくいということです。

美人は短命であることや、立派な人のことを意味する場合もあります。同義語には、「紅顔薄命」「才子多病」「美人薄命」などがあります。

佳人薄命のビジネスシーンでの使い方

佳人薄命はビジネス用語ではありません。

しかし、ビジネスにおいて容姿、外見は第一印象を与えるとても大事なものです。美人だからゆえ、多くの男性と関わりを持ったり、好意を寄せられることが多いでしょう。しかし、好意が妬みや慢心に繋がることもあります。

美人だからといってちやほやされるままではなく、自分の幸せになるためには努力が大切です。

佳人薄命の例文

彼女は会社で一、二位を争う美人で有名だ。営業先でも相手の印象がよく成績は優秀だが、結婚や昇進の話は全く出てこない。まるで佳人薄命という言葉の通り、美人で仕事はできても幸せにはなれないようだ。