空中楼閣(くうちゅうろうかく)とは

空中楼閣(くうちゅうろうかく)の意味とは、元々は空中高く築いた楼閣(高い建物)を意味していましたが、転じて土台のない蜃気楼で現れた建物のように根拠がなく、現実からかけ離れた空想的な物事の事をさすようになっています。

同意語としては、空理空論(くうりくうろん)、砂上楼閣(さじょうろうかく)、机上空論(きじょうのくうろん)があります。

空中楼閣のビジネスシーンでの意味

空中楼閣は、ビジネス用語ではなくそれほど多くは使われませんが、ビジネスの現場では会議・プレゼンなど様々なプランを練って推敲する機会があり、まさに空中楼閣と形容すべきいうべき出来事や人物が多く存在することが否めません。

近年の発展社会においては、かつては蜃気楼と例えられた空中楼閣もビジネスシーンで使われた場合、一概に馬鹿にはできないくらいの真実を含んでいる時もあります。
数年、十数年、数十年後には当たり前の現実となってしまう事もありえるのが、現在のビジネスシーンで使われる空中楼閣の一つの局面でもあります。

空中楼閣の例文

○○君が数年前、周囲の皆に空中楼閣のように言われていたプレゼン内容が、今では大掛かりで経費がかかるものの斬新で効果絶大の最先端アートプログラムとしてあちこちで実現されています。

当時はまさかと思ったものですが、時代の方が変化が速いみたいです。

それに比べ、本日の私の提案は永遠に空中楼閣は違いなしです。