転職をするなら誰もが成功したいと思っているでしょう。なにが成功で何が失敗かは人によって異なりますが、転職におすすめできる業界とそうではない業界があります。

この記事では、転職におすすめの業界について以下の点を解説いたします。

この記事の内容
・転職におすすめの業界
・転職におすすめの職種
・女性におすすめの転職先(業界や職種)

そもそも転職におすすめの業界とはなにか?

一般的に、転職先としておすすめな業界の条件は以下の通りです。

・将来性がある業界
・離職率が低く、労働条件がよい了解
・長い歴史を持っている業界
・ホワイト企業が多い業界

上記の条件を満たしている優良業界を狙うのがよいでしょう。もちろん、企業ひとつひとつによって多少異なりますが、業界自体がホワイトである方が安心なうえ、実際に離職率が低い業界は従業員がやりがいを感じている証拠でもあります。

関連記事
ホワイト企業の見分け方、ホワイト企業を目指すときに気を付けること

転職活動でおすすめの業界と職種

公務員は安定感があっておすすめ

たくさんの仕事がある中で、将来を見据えたときに1番安定しているのは公務員です。昔の日本、バブル期だったときは人気がありませんでしたが、不景気が続き、先行きが見えない不安から、現代の日本で公務員は人気がある職種です。

新卒で公務員を目指す人も多いですが、転職でも公務員を目指す人が増えています。他の企業に就職したものの、ノルマに追われたり残業が多かったり、かなり思っていたのと違っていたりして、公務員に転職したいと思う人も少なくありません。

しかし、注意しなければならない点として、公務員の一般的な業種の場合は、年齢制限があります。多くの場合、転職者でも20代が中心です。30代以上の公務員への転職になると、募集も少なく、専門的な能力が求められることが多いでしょう。

公務員への転職を考えている場合は、若いうちに行動することが必須です。

IT業界は常に広く雇用されるためおすすめ

IT業界は忙しく、ブラック企業が多いというイメージもありますが、昔と比べてT業界も会社数が増え、仕事が分散されるようになりました。現代ではブラック企業は少なくなり、ホワイト企業が増えてきています。

日本だけではなく、他のアジア圏の国々もIT業界は伸びており、飽和状態なのではないかと思われるかもしれません。しかし、IT業界ではまだまだ技術の変化が進んでおり、知識と技術が伴う従業員が足りていないのが現状です。

今後もIT分野では、パソコンだけではない様々なニーズが高まるため、さらに人員不足が懸念されることでしょう。プログラム言語種類が増えていますが、古い言語もそのまま使われています。常に人手は不足している状態であるため、中途採用もたくさん募集しています。

IT業界は、専門的な知識を必要としますが、自分自身でも勉強することができます。前職が、IT業界とは異なる業界であっても、広く雇用してもらえるというのも1つのメリットです。

個人スキルをしっかりと身に付ければ、将来的に起業したり、独立したりすることもできます。ITに興味があり、自分でスキルを高めていくことに自信がある人は、IT業界に挑戦するのもよいでしょう。

製造業は労働条件が整っていておすすめ

転職の際に製造業を選ぶ人は現代では少なくありませんが、IT業界とは全く異なり、製造業は歴史が長い事が特徴です。

自分の開発したものが世の中に出て、50年~100年、あるいはそれ以上、皆に好かれている食品や日用品になるかもしれません。

製造業は他の職種と比べて労働条件が整っており、残業がほとんどないという企業もあります。

建築業界も需要が高まっておりおすすめ

建築業界は、なにかを作り上げるのが好きな人や、アイディアが思い浮かぶ人などは建築業界におすすめです。

現代では、2020年に開かれる東京オリンピックに向けてニーズが高まっています。オリンピック施設だけでなく外国人の観光客を受け入れる施設や宿泊施設など、建築物は多く必要で人員不足のため。他の業界からでも転職がしやすい業界の1つです。

しかし、自分にフィットした職種を探し出せるかどうかが難しい点でもあります。仕事内容によっては、深夜から早朝にかけて労働する場合もあるため、家族がいる人は注意が必要です。

専門的なスキルや知識も必要になるため、基礎から学びたい場合は、20代のうちに転職するのがよいでしょう。30代でも、転職には問題ないですが、年齢をカバーできるだけの気力と体力が求められます。

営業職はキャリアアップに役立つためおすすめ

営業のノルマがきつくて、転職する人も実際には多いでしょう。しかし、営業と一言でいっても企業によって仕事内容は大きく異なります。

ルート営業の場合もあれば、新規開拓の営業の場合もあります。営業の技術を身につければ、商品が変わっても、身に付けたスキルを生かすことができ、どのような企業でも対応できるため、需要が高まります。

自分で起業したり独立したりする場合は、避けて通れないのが営業です。会社員時代に営業のスキルを身に付けていくことで、将来的にも自分の役に立つでしょう。

営業職の中でも医療系は特におすすめです。病院へ医療機器の販売をする営業や、病院の施設を良くするための商品を進める営業等があります。薬品を商品として取り扱うMRという仕事もあるでしょう。

普通の営業と違って、取引先が病院や施設などであることから、医療関係の人脈が増えています。医療関係は特殊な世界であるため、付き合いが難しいところもありますが、普段接しないような人たちと関わることができます。

営業職も、企業では必須の職種ですが、ノルマに追われるストレスから、人材が不足しています。他の業界や業種からも営業職には転職しやすいため、興味がある人はキャリアアップできる転職として営業職も選択肢の1つに入れるのもおすすめです。

女性の転職におすすめする業界・職種

介護系は経験がなくても勉強して資格を取ることができる

現在の日本は高齢社会です。子供の人口は減っていますが、老人の人口が高く、介護の業界は需要が高まっています。これからさらに高齢化が本格化することを考えると、介護業界はますます必要な仕事になるでしょう。

介護系の職業は30代から40代でも転職がしやすく、経験がなくても勉強して資格を取ることができるため、転職の門戸も広い業界です。

しかし、介護の仕事は24時間体制で行うことが多いため、病院と同じく夜間に働く場合もあります。介護業界では体力が相当必要であるため、体が丈夫であることと忍耐が求められるでしょう。

雇用の面では需要も多く安定しており、将来性もありますが、給与があまり高くなく、きつい仕事であるため離職率は高い業界です。

仕事にブランクのある女性でも、挑戦しやすい業界として介護職はおすすめです。

IT業界は女性の活躍の場が大きいためおすすめ

IT業界は圧倒的に男性の数が多い業界ですが、女性の転職にもおすすめです。特にIT系のエンジニアで活躍できれば、かなり重宝される事は間違いないでしょう。

専門性の高いIT系のエンジニアとしてのスキルだけではなく、男性に比べて女性の方がコミニケーション能力が高い場合が多く、クライアントとのやりとりも含め市場価値がとても高いです。

女性エンジニアというと、ハードルが高いと思う人も多いかもしれませんが、プログラミングに関しては文系からでも勉強すればコードをかけるようになります。

まだまだ女性が少ない業界だからこそ女性の活躍の場が大きいです。ITに興味があり、スキルを高めたいという人はぜひ挑戦してみるのもよいでしょう。

ホスピタリティ業では女性のコミュニケーション能力が活躍する

男性に比べて全体的に女性の方がコミニケーション能力が高いといわれています。物腰が柔らかな方が接客に向いていることが多いため、ホスピタリティ系の仕事は圧倒的に女性の需要が高いです。

サービス業やホテル業、ウェディングなどお客様と直接話したり対応したりする仕事は、女性のニーズが多いです。

女性は男性に比べると感情的になりやすい傾向があります。プライベートでは問題に発展することもありますが、仕事において、お客様の感情に寄り添えるという利点があります。

お客様の要望や不満などに対し、お客様の視点で物事を考えうまく対処する能力が身につけば、サービス業はとてもやりがいのある仕事となるでしょう。

転職でおすすめの業界と職種についてのまとめ

  • 転職におすすめの条件は、優良企業といわれる会社がたくさんある業界や離職率が低い業界です。
  • 将来性があり、今後まだまだ発展しそうな業界も転職にはよいです。
  • 安定志向の場合はやはり公務員への転職がおすすめです。
  • IT系は男女ともにおすすめです。
  • IT系は専門的なスキルも必要ですが、クライアントのやり取りに女性的な柔軟な対応能力も必要です。
  • 営業職は他の職種からの応募も可能な場合が多く、門戸が広いため、チャレンジしてみるのもよいでしょう。
  • 介護系やホスピタリティ系は女性におすすめの転職先です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda