通夜や葬儀は、宗教によって流れや作法が異なります。この記事では、日本で一番多いとされる仏式の葬儀と神式の葬儀の違いや、神式の葬儀について香典のマナーを中心に解説します。

不幸は予期せぬタイミングで訪れるため、いざというときにマナー違反にならないように、この記事で葬儀への基本的な理解を深めておくことができます。

葬儀にはいくつかの形式がある

日本の葬儀にはいくつかの形式があります。お葬式で僧侶がお経を読んで参列者が焼香をするという流れは、仏教の教えに基づいた仏式の葬儀で、日本で行われる葬儀のほとんどを占めています。

仏式のほかには、神道に基づいた神葬祭(しんそうさい)といわれる神式の葬儀があります。神道とは日本独特の宗教で、日本に古来から伝わっていた八百万の神様への信仰に、仏教、道教、儒教などが影響して展開した宗教です。

ほかには、キリスト教式の葬儀、宗教にこだわらない音楽葬や自由葬などがあります。

 

 

仏式と神式の葬式への考え方の違い

仏教では、人は死んだあと極楽浄土に行くとされ、葬式は故人を極楽浄土に送るために行われます。

神道では、生命は神が人間に「お任せになったもの」であり、いつかは神に返さなければならないものであると考えられています。故人は家に留まり守護神となるという教えがあり、神葬祭は故人を守護神として送り出すための儀式です。

仏式と神式の葬儀の違い

仏式と神式の葬儀は異なる点が多くあります。仏式ではお経を唱えますが、神式にお経はなく、祝詞を捧げて故人の死を悼みます。神式には線香や焼香もなく、玉串奉奠という玉串(榊の小枝に四垂(しで)という紙を取りつけたものを)を神に捧げる儀式で拝礼を行います。

玉串奉奠には作法があり、心身を清める「手水の儀」~玉串を神前に供える~「二礼二拍手一礼」で拝礼、の流れで行います。「二礼二拍手一礼」のときの拍手は、静かに手を合わせるだけで音は出しません(忍び手)。

参列時の服装は仏式と同様に喪服で構いませんが、神式では数珠は持ちません。

 

 

神式の香典のマナー

神式の香典の表書きは「御玉串料」と書く

仏式の香典の表書きは「御霊前」「御香料」「御香典」「御悔」「御仏前」を使います。多くの場合、葬儀には「御霊前」、四十九日を過ぎたら「御仏前」を使います。浄土真宗は死後すぐに成仏するという教えから「御霊前」は使わず、「御仏前」とあらわします。

神式では「御玉串料」を使うのが一般的で、ほかには「御榊料」「神饌料」「御饌料」「御神前」などの表書きも使うことができます。神式の場合、地域や宗教の教えなどにより、香典の作法にも細かな違いがあることがあります。細かな作法がわからない場合は、葬儀場に問い合わせれば教えてもらうことができるでしょう。

神式の香典袋は無地を選ぶ

神式の香典袋は、黒白の結びきりの水引の付いた不祝儀袋を使います。

注意しなければならないのは、蓮の花や百合の花が描かれている香典袋は使ってはいけないということです。蓮の花は仏教、百合の花はキリスト教に相応しいものであるため、神式の場合は無地の香典袋を選びましょう。

神式の香典袋はどこで買うのがよいか

香典袋は表書きがあらかじめ印刷されているものがほとんどです。しかし、日本では仏式の葬儀が一般的なため、市販の香典袋のほとんどは「御霊前」の表書が書かれています。特に百円ショップやコンビニエンスストアでは売れ筋のものしか置いていないため、神式に相応しいものを探すのは難しいかも知れません。

神式に使う「御玉串料」の香典袋を買う場合、はじめから大型の文具店や百貨店に行くことをお勧めです。封筒に直接表書きを書くのではなく、短冊に書いて水引に挟み込むタイプの香典袋の場合は、たいてい一つは無地の短冊が不さ属しているため、自分で表書きを記入することができます。

神式の香典の金額は宗教によって違いはない

香典の金額は仏式、神式など宗教によって違いはないと考えてよいでしょう。香典の額は故人との関係性によって変わってきます。一般的な香典の相場は次の通りです。

両親:5万~10万
親戚:1万~5万
仕事の関係者や友人・隣人:5,000円~1万円
顔見知り程度:3,000円~1万円

香典には相応しくないとされる金額があります。偶数の額は「割る」「切れる」という忌み言葉が連想されることから、避けたほうがよいとされています。

香典の額は、地域の風習や家族の関係性などでも変わってきます。その地域に長く住んでいる方にアドバイスをもらうのもよいかも知れません。仕事関係の場合は職場の人と相談をして決めるとよいでしょう。

神式の葬儀と香典についてのまとめ

  • 日本の葬儀には「仏式」「神式」「キリスト教式」などがあり、9割以上は、仏式で行われています。
  • 神式の葬儀の仏式と異なる点は、お経を唱えず祝詞をあげること、お焼香ではなく玉串奉奠で拝礼することなどです。
  • 神式の香典の表書きは「御玉串料」が一般的です。香典袋は無地を選びます。
  • 神式の香典の金額は、仏式と違いはありません。両親なら5万~10万、親戚なら1万~5万、仕事の関係者や友人・隣人なら5,000円~1万円、顔見知り程度なら3,000円~1万円が適当とされています。