現代では終身雇用制度は少なくなり、転職をする人も増えました。しかし、転職に失敗し、転職後もすぐに辞めてまた転職をするという悪循環にはまってしまう人もいます。

この記事では転職の失敗について以下の点を解説します。

関連記事
・転職が失敗してすぐやめる人の特徴
・すぐに仕事を辞める人のリスク

転職が失敗してすぐやめる人の特徴

転職したからといって必ずしも前の職場よりもよくなるとは限りません。

前職で人間関係に悩んでいたとしても、新しい職場でそれ以上に大変な人間関係に悩まされることもあります。業務内容に不満を持っていて転職をしても、新しい職場では今まで自分が取り組んでこなかった新しい仕事が増え、辛くなることもあるでしょう。

転職が失敗してしまい、すぐに辞める人には以下の特徴があります。

人のせいにする人は転職が失敗しやすい

転職で失敗してしまい、転職を繰り返す人の特徴の1つに責任転嫁をする癖があります。転職を決めたのも、新しい勤務先を決めたのも自分の選択、仕事がうまく回らないのも自分の責任にもかかわらず、すべてを周りのせいにしてしまう人が転職で失敗する人の特徴です。

人は自分に対してネガティブな感情抱いている人に対して好意的には接しません。すべてのうまくいかないことを人のせいにしているようでは、よい人間関係も構築できないでしょう。

ときには責任転嫁したくなる事もあるでしょうが、自分に非がある場合には、客観的にそれを認める意識も必要です。

外部からの情報に惑わされる人は転職が失敗しやすい

自分の頭で考えて判断しない人は、周りからの情報に踊らされてしまいます。「短時間で高収入を得られる。」「あなたに合った本当の仕事が見つかります。」「誰にでもできる仕事ですが、たくさん稼げます。」など、人の集客のために大げさに書いた言葉に騙されてしまう人は転職が失敗しやすいです。

自分の考えよりも外の情報を優先してしまうと、外部の思惑通りに動くことになってしまい、自分にぴったり合っていない仕事に就くことになってしまいます。

 

すぐに仕事を辞める短期離職のリスク

転職を繰り返す人の特徴に、嫌なことがあるとすぐにやめてしまうというものがあります。

実際に仕事を辞めるのは自由ですが、その後の転職に響くというリスクがあります。次の転職先では、面接官は短期離職する人を選ばないかもしれません。転職をするリスクを見ておくことが大切です。

すぐに仕事を辞めると転職の際のマイナス要因になる

転職活動では多くの場合、職務経歴書を提出しなければなりません。短期離職の経験がある場合はマイナスの要素になります。

会社にとって、人材を採用するのは長期間働いてもらうためであり、短期間でやめてしまう可能性がある人はできれば避けたいものです。過去に短期離職の経験がある人は、自分の会社でも同じ事をするかもしれないと考えて採用に対して消極的になるかもしれません。

経験の豊富さは転職の際のプラスにならない

短期離職を繰り返した人は、様々な仕事を経験したということをアピールしがちです。しかし、企業側は、短期離職は仕事の経験にはならないと判断するということが一般的です。

どんな仕事も表面だけを見て、結局なにも身に付いていない人と判断されてしまう場合が多いでしょう。

次の会社がよい会社とは限らない

転職をしたからといって必ずしも次の勤務先が今よりもよくなるとは限りません。自分が〇〇をしたいと強く願って入った会社でも、その仕事ができるかどうかは実際のところ、働いてみなくてはわからないためです。

今の会社でキャリアを伸ばしていけば、自分の希望が叶う可能性がある場合は、そちらで頑張るというのも1つの手です。今すぐに自分の希望が叶わないからといってやめてしまうのはもったいないでしょう。同じ会社でキャリアを築けば、ある程度の役職につけるかもしれません。

上記の事から、短期離職には多くのリスクが伴うことを覚えておきましょう。

短期離職するなら転職エージェントがオススメ

転職にはリスクが伴いますが、もちろんうまくいく場合もあります。

転職をする際には、専門の転職サービスを利用することをお勧めします。転職サイトや転職エージェントを使うことで、専門家と相談しながら転職を進めていくことができます。

すぐに今の会社を辞めるのではなく、仕事をしながら転職サイトに登録をする事も大切です。転職をするかどうか迷っている事もエージェントに相談することができます。

自分がどうして今の会社を辞めたいのかや、転職をしてどのような仕事をしたいのかを専門家と考えていくことで、自分に本当に転職が必要かどうかを見極めることもできます。

転職に失敗してすぐやめる人についてのまとめ

  • 転職理由がネガティブだったり、全てを人のせいにする人は転職を失敗しやすいです。
  • 自分の意思や判断ではなく外部からの情報に惑わされやすい人も、転職に失敗しやすいです。
  • 転職を繰り返す短期離職は大きなリスクがあります。
  • 短期で仕事を辞めることができるが、次の転職先で採用されにくいです。
  • いろいろな仕事を経験したからといって短期間では仕事の経験とみなされない場合が多いです。
  • 転職にはリスクが伴い、必ずしも次の会社が今よりよいとは限らないことを覚えておく必要があります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda