日本では、年の始めに神社や寺院に初詣に訪れる習わしがあります。この記事では、初詣の起源や神社、寺院それぞれの初詣の作法について解説します。

初詣の起源と昔の作法

初詣の起源は「年籠り」

神社や寺院に参拝することを「詣でる」といい、初詣は正月にその年初めて神社や寺院に参拝することです。

初詣は「年籠り」という風習が起源です。古来の日本には、大晦日の夜から元旦の朝にかけて氏神の社に籠もり、昨年の感謝と豊作や家内安全に祈願する「年籠り」という風習がありました。

ときが経つにつれ、年籠りは大晦日に詣でる「除夜詣」や、元旦の朝に詣でる「元旦詣」に分かれ、元旦にお参りする「元旦詣」が現代の「初詣」となりました。

初詣は恵方の神様にお参りしていた

初詣はそもそも、その年の縁起のよい方角の神様に参拝する「恵方参り」でした。しかし、明治時代頃からは、恵方にこだわることなく好きな神社に参拝するようになり、現在の初詣のスタイルになりました。

初詣の基本的な参拝作法

初詣には参拝の手順や作法があります。神社の初詣、寺院の初詣についての基本的な流れは次の通りです。

初詣の作法-神社-

1.一礼して鳥居をくぐる
神社の鳥居は一般社会と神域を区切る結界線をあらわしています。くぐるときは鳥居の前で一礼をしてからくぐりましょう。目上の方のお宅を訪れたときをイメージして、神様にご挨拶をして入らせていただくという気持ちを持つとよいです。
2.参道は端を歩く
参道の真ん中は成虫(せいちゅう)といい、神様の通る道とされています。参道を歩くときは神様の通る真ん中を避けて端のほうを歩くようにしましょう。
3.手水舎(ちょうずしゃ)で心身を清める
神社には「手水舎」という手と口を清める水場があります。参拝前に手水舎のミスで心身を清めましょう。手水の作法は以下の通りです。
1.右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手にかけます。
2.左手に柄杓を持ち替え、水を汲んで右手にかけます。
3.もう一度右手に柄杓を持ち替え左手の掌に水を受け、その水で口をすすぎます。柄杓をそのまま口につけて口をすすいではいけません。
4.口をすすいだらもう一度左手に水をかけます。
5.最後にもう一度柄杓に水を汲み両手で柄を持ち、柄杓の柄を下にする形で柄杓を立てて、柄の部分に水を流して終わります。

4.参拝をする

1.鈴を鳴らす
神前へ進み賽銭箱の前に立ったら、まず一礼(浅いお辞儀)をします。次に鈴を鳴らします。鈴は神様に自分が来たことを知らせる合図になりますので、力強く鳴らしましょう。

2.賽銭を入れる
神様への御礼のしるしとして賽銭箱に賽銭を入れます。現代ではお金を賽銭として渡しますが、そもそも神様へのお礼は農作物を供えていました。その代わりが賽銭ですから、乱暴に投げ入れるのではなく、丁寧に賽銭箱に入れるようにします。

3.二礼二拍手一礼する
1.神前に向かって二回深くお辞儀をします。
2.胸の高さで大きく二回拍手をします。両手のひらを胸の高さで合わせたら、右手を少し手前に引くようにし、手のひらをずらして二回、パンパンと打ちます。
3.最後に深く一礼します。

5.帰りに鳥居をくぐるとき
参拝を終えて鳥居をくぐって出るときにも、いったん境内のほうに向き直って一礼をしてから出るようにします。

初詣の作法-寺院-

1.山門をくぐる
山門は仏殿への入り口です。門をくぐるときには門の手前で一礼をしてから入ります。敷居は踏まないようにし、跨いで入ります。
2.手水舎(ちょうずしゃ)で心身を清める
手水舎があれば、神社と同じ手順で手と口を清めます。手水舎がない場合はそのまま本堂前に進みます。
3.常香炉(じょうこうろ)で身体を清める
常香炉は境内に置かれた大きな香炉です。常香炉の煙を浴びることで心身を清めることができます。また、自分の身体の悪いところに煙を浴びせると治るともいわれています。

4.参拝の流れ

1.鐘を鳴らす
鐘楼(鐘)があればついてから本堂に向かいます。鐘楼があっても初詣のときにはつくことを禁止している寺院もありますのでルールに従いましょう。

2.お賽銭を入れる
寺での賽銭はお布施であり、欲や執着を捨てるための「修行」の一つです。丁寧に賽銭箱に入れましょう。

3.手を合わせて祈願する
両手を合わせて静かに祈願します。神社では二礼二拍手一礼で参拝しますが、寺院では拍手は厳禁です。静かに手を合わせて祈願し、一礼して終えます。

4.帰りに山門をくぐるとき
参拝を終えて山門をくぐって出るときにも、いったん境内のほうに向き直って一礼をしてから出るようにしましょう。

理想的な初詣の作法

7日までに済ませるのが理想の初詣

初詣は「元旦詣」がもとになっているため、元旦に済ませるのが理想的ですが、元旦には行けない場合もあるでしょう。

初詣の日にちに厳密な決まりがあるわけではありませんが、元旦に行けなかった場合は三が日までに、三が日も間に合わなければ7日までに済ませるのが一般的です。

午前中に行うのが理想の初詣

初詣の時間帯にも決まりがあるわけではありませんが、できれば午前中がお勧めです。

吉事は早い時間がよいとされているため、一番のお勧めは元日の午前中で、元日以外の日に行く場合も午前中を選ぶとよいでしょう。

忌中は初詣はさけるが理想

不幸があった後の忌中は、お祝い事を避ける期間です。初詣も控えるようにしましょう。

初詣の作法についてのまとめ

  • 初詣の起源は「年籠り」で、後に「除夜詣」「元旦詣」に分かれ、元旦詣でが初詣に変化しました。
  • 初詣には神社に参拝する場合、寺院に参拝する場合のそれぞれに作法があります。
  • 神社と寺院の参拝での一番の違いは、神社の参拝は二礼拍手一礼、寺院は手を合わせて静かに祈願するというところです。
  • 初詣はできれば7日までに、午前中の時間帯に済ませるのがお勧めです。
  • 忌中の初詣は控えましょう。