お金の貸し借りは昔からトラブルの元となりやすいといわれています。消費者金融や銀行など、お金を貸してくれるところが増えても、そのトラブルは今でも絶えません。

個人間のお金の貸し借りも問題の1つです。実際に貸したお金はなかなか帰ってこないものと思った方がよいでしょう。そう思っていてもやはり腹が立つのが人間です。

お金の貸し借りのリスクを減らすために借用書を作ることをお勧めします。

今回の記事では、借用書について、以下のような点を中心に解説いたします。

・借用書とは
・借用書の書き方
・借用書があってもお金が返ってこない場合の対処法

借用書とはそもそもなにか

借用書とはお金の貸し借りの事実を証明した書面のことです。

銀行や商社金融では必ず書類を交わしますが、個人のお金の貸し借りの場合、借用書を欠かないケースが多いです。

しかし、借用書がないとお金を貸した事実もお金を借りた事実を証明することができませんし、トラブルが起こっても解決はできません。似たような種類に、金銭消費貸借契約書があります。この書類は、お金の貸し借りを証明する人や保管する人が異なります。

借用書
お金を借りる人が作成し、貸す人が保管する。
金銭消費貸借契約書
お金を借りる人、1人の双方が納得する内容で作成し、2人が同じ内容の書類を保管する。

もし、作成可能であれば金銭消費貸借契約書が良いでしょう。2人で同じものを保管するためお金を貸した人が改ざんや捏造しにくいためです。

実際には、内容は金銭消費貸借契約書であっても、見出しに借用書と書かれている書類も多いため、今回の記事では、この2つを区別せず借用書として解説いたします。

借用書の書き方

借用書に決まった様式やフォーマット等はありません。お金を貸し借りする当事者の間で自由に文面を作成することができます。とはいえ、ポイントは押さえておかないと借用書としてみなされない場合もあります。

一般的な借用書の項目
貸主の名前
賃借する金額
金利
毎月の返済日
返済が遅れた場合の金利
返済開始日、返済期日
返済方式
契約日
借り手の署名と住所、印
(連帯保証人の署名と印)

この中でも必須項目は、貸主の名前、借り手の署名と住所、印、契約日、返済期日です。

金額や場合によっては、連帯保証人も決めておきましょう。その際は、借用書に連帯保証人の署名と印も必要です。

返済を明確にする

借用書の目的は、貸したお金をきちんと期限までに返してもらうことです。そのためには返済については詳細を明確にしておく必要があります。

・返済日(返済期日)
毎月○日を返済日とする。平成〇〇年○月○日までに返済する。
・金利
利息は年利○%とする。
・返済開始日
元金を利息に付し、平成〇〇年〇〇月〇〇日より支払う。
・返済遅延の金利
遅延損害金は年○%とする。

返済に関しては、細かいと思われる位しっかりと詳細を決めておきましょう。後々のトラブルを防ぐためです。もし、分割で返済する場合は毎月の返済日のほかに、その金額も明記しておきます。

期限の損失

返済日を決めただけで安心してはいけません。毎月の返済日までに必ずきちんと返済されるかどうかという点も明確にしておく必要があります。返済が遅れた場合にも別の金利を設定しますが、それ以外の条件として、一括返済を求められるようにしておくと安心です。

例えば、支払いが3回以上滞った場合には一括返済を請求できる項目を借用書に加えておくことができます。このように、借用書を作成した時点の契約と内容が異なる場合には、一括返済を請求できると言う仕組みです。

収入印紙を貼る

借用書に収入印紙を貼る必要があるかどうかという点については、どちらでも無効になることはありません。しかし、最初に述べたように、借用書の中でも金銭貸借の契約には印紙を貼ることが定められています。

印紙を貼っていなかった場合、印紙税を支払っていないということで過怠税が課せられることがあります。

借用書を作る際に金銭消費貸借契約書かもしれないと思ったら印紙を貼っておくと安心です。

契約書の中の数字は「大字」を使う

まず、大字とは何か、という点についてです。正式な書類で用いる漢数字のことです。

123‥がアラビア文字、一ニ三‥が漢数字、壱弐参‥が大字です。アラビア文字や漢数字の場合、1本、線を加えるだけで違う数字になってしまいます。数字が改ざんされないように、大字を使います。

貸したお金が返ってこなかったら

借用書を作り、お金を貸しても、帰ってこない場合があります。その時は、裁判を視野に入れて証拠を集めておきましょう。

どんな些細な事でも証拠になる可能性がありますので、電話やメール、その他のやり取りの内容を全て記録しておくようにしましょう。もちろん、借用書もきちんと保管しておく必要があります。借用書は裁判でお金を貸したこと、借りたことの重要な証拠の1つとなります。

借用書の例

簡易的な借用書の例

借用書

〇〇〇〇様

金〇〇円也

上記の金額を確かに借用いたしました。

1.利息は年利〇〇%とします
2.毎月〇〇日を返済日とします
3.遅延損害金は年〇〇%とします
4.返済期限は平成〇〇年〇月〇〇日とします

平成〇〇年〇〇月〇〇日

住所

氏名(署名、捺印)

※収入印紙を貼る

金銭消費貸借契約書の例

金銭消費貸借契約書
貸主〇〇〇〇(甲)と 借主〇〇〇〇(乙)は、本日、以下の通り金銭消費貸借契約書を締結した。第1条
甲は、乙に対して、本日、金〇〇円を貸渡し、乙はこれを受領した。第2条
本件消費貸借の利息は、元金に対し、〇〇%とする。

第3条
乙は、甲に対し前条の借入金〇〇〇〇円を次の通り分割し、甲方へ持参または送金して支払う。
(1)平成〇〇年〇〇月から平成〇〇年〇〇月まで毎月〇〇日限り金〇〇円
(2)平成〇〇年〇〇月〇〇日限り金〇〇円

第4条
期限後、または期限の利益を失ったときは、以後完済に至るまで、乙は甲に対し、残元金に対する年○%の割合による遅延損害金を支払う。

第5条
乙が次の事由の一つにでも該当する場合には、甲はなんらかの催告を要せず、乙は当然に期限の利益を失い、ただ地に元利金を支払う。
(1)第3条の分割金、または第2条の利息の支払いを1回でも怠ったとき。
(2)乙が、第三者から差押・仮差押・仮処分を受け、もしくは競売の申立、または破産宣告の申立を受けたとき
(3)乙の小切手が不渡りとなったとき。
(4)乙が甲に通知無くして住所を変更したとき。

第6条
連帯保証人〇〇〇〇は、乙の本件債務について保証し、乙と連帯して履行の責を負うものとする。

以上の通り、本契約成立の証として、本書3通を作成し、各当事者押印の上、各自1通を保管するものとする。

平成〇〇年〇〇月〇〇日
貸主(甲)
住所
氏名      印

借主(乙)
住所
氏名      印

連帯保証人
住所
氏名      印

※収入印紙を貼る

借用書のまとめ

  • 借用書とは、金銭の貸し借りについて取り決めた内容が書かれている書類である。
  • 借用書には借り手が書類を作成しかしてが所有するものと、両者が納得した上で書類を作成し同じ内容のものを所有する金銭消費貸借契約書がある。
  • 借用書には返済期限や歌詞での氏名、連帯保証人など、必要事項を記入する。
  • 収入印紙がなくても借用書は無効にはならないが、印紙税の関係もあるので貼っておくのが無難である。
  • もし、貸したお金が返ってこなかったら、裁判のための準備をしておく必要がある。
  • 当事者間の電話やメール等のやり取りの記録、借用書は裁判で大きな証拠となる。
  • 連帯保証人がいる場合は、借用書(金銭消費貸借契約書)3通作成し、それぞれが保管する。