親戚の葬儀でを包むときに、いくら出せばよいのか迷う事があるでしょう。

ここでは親戚の香典の相場や、友人や職場関係の香典とはなにが違うのかについて解説します。

親戚の香典の相場

祖父母が亡くなった場合の香典は1万円~5万円

自分の祖父母がなくなった場合、香典は1万円~5万円程度が相場です。あまり金銭的に余裕がない方や、20代など若い方は1万円でいいでしょう。

ある程度財布に余裕がある方や、30代、40代とを重ねて収入が安定している方は、3万円や5万円程度出すのが一般的です。生前祖父母にお世話になったという方は、高めの香典を出すこともあります。

両親が亡くなった場合の香典は3万円~10万円

義理の両親を含めて、自分の親が亡くなった場合、香典は3万円~10万円が相場です。自分にとって一番近い身内であるため、香典も高額です。

20代で金銭的に余裕がない方は3万円程度で問題ありませんが、年齢を重ねて収入が安定している方は、5万円以上は出すのが基本です。40代以降の場合、10万円は出すのが相場です。

しかし、自分が喪主の場合は香典を出す必要はありません。

兄弟や姉妹が亡くなった場合の香典は3万円~5万円

義理を含めて兄弟や姉妹が亡くなった場合、香典は3万円~5万円が相場です。両親と同じく自分と親しい、身内の中でも近い存在であるため、香典も高額です。

20代の方は3万円でも構いませんが、金銭的に余裕がある方や30代以降の方の場合、5万円は出すのが一般的です。

その他の親戚が亡くなった場合の香典は1万円~3万円

その他の親戚が亡くなった場合は、1万円~3万円が相場です。祖父母、両親、兄弟姉妹のときと同じく、20代や経済的に余裕がない方は少なめでも構いません。

30代以降の方や収入が安定している方は、3万円は香典を出すのが一般的です。

香典の金額は多ければよいというものではない

葬儀はがかかるため、香典を包むときに香典の金額を高額にした方がよいと考えがちです。しかし、香典が高額であると遺族のお返しが大変になってしまいます。

葬儀では香典に対して、香典返しを行うことが普通です。香典返しとは、お礼状と一緒に香典のお返しの品物を贈ることです。

香典返しの品物の値段は、大体香典の3割から5割程度が相場だといわれています。高額の香典をもらったことで、高級な香典返しの品物を探さなければならなくなり、負担がかかってしまいます。

いずれ自分が葬儀をする事になったときに、相手がこちらが出した香典と同程度の金額の香典を出す必要が出てきてしまいます。

故人や遺族のことを思ってできるだけ香典を出したいと思っても、あとあと遺族の負担になってしまうことを考慮する事が大切です。どうしても高額の香典を出したいという方は、相場の最高額か、それより少しだけ多い程度にとどめるとよいでしょう。

香典で包むお札の枚数は奇数枚にする

香典には1、3、5、10枚のお札を包むのが一般的です。偶数だと割り切れてしまう事から、故人とこの世のつながりが切れてしまうことを連想してしまうため、10以外は奇数が基本です。

親戚の香典についてのまとめ

  • 親戚の香典は、身内でない人への香典に比べて高額です。両親は3万円~10万円、祖父母は1万円~5万円、兄弟姉妹は3万円~5万円、その他は1万円~3万円を包みます。
  • 香典は包む人の年齢によっても適切な金額が変わってきます。自分が若くて経済的に余裕がない方は相場下限を、30代以降の方は相場上限を目安にして香典を包むといいでしょう。
  • 香典は、高額すぎてもいけません。高額の香典はお返しが大変であるため、遺族の負担になってしまいます。高額の香典を包みたい方は、相場から離れすぎないように注意しましょう。
  • 香典では1、3、5、10枚のお札を包みます。偶数は割り切れてしまうことから、故人とこの世の縁が切れてしまうことを連想してしまうため、あまりよくないとされています。キリのよい10以外は奇数が基本であると覚えておきましょう。