社会人になり年齢が上がってくると、自然と四九日の法要に関わる機会が増えてきます。故人や遺族に失礼のないようにするためにも、四九日の法要について知っておく事が大切です。

ここでは、四九日とはなんなのかや、法要の手配と法要に呼ばれた場合の注意点についても解説しています。この記事を読むことで、四九日の法要について正しい理解をする事が出来ます。

そもそも四九日の法要とはなにか?

四九日の法要とは、故人が亡くなって四九日目に行う法要のことです。四九日は亡くなった日を1日目と数えるため、正確には、亡くなって48日後に行う法要で、僧侶の読経、焼香などを行います。

四九日は亡くなってからこの世とあの世をさまよう期間

仏教では亡くなって四九日間を中陰と呼んでおり、この世とあの世をさまよう期間です。四九日の間に閻魔大王による裁きが行われ、極楽浄土にいけるかどうか決めることが出来ます。

最初から七日ごとに初七日、二七日、三七日といい、四九日は七七日といいます。四九日は他にも、忌明けや満中陰などと呼ばれ、四九日の法要は、故人が無事成仏して極楽浄土にいけるように祈る意味もあります。

四九日の法要の主な内容

四九日の法要では、僧侶の読経、焼香などといった一般的な法要の他に、墓地にて納骨を行う納骨法要、新しい仏壇の仏壇開きである開眼供養などが行われます。

法事が終わってから食事の席であるお斎が行われることもあります。

四九日の法要が三月またぎになる場合は早める

四九日の法要で注意しなければならないのが、三月またぎは避けるということです。故人が亡くなるタイミング次第では、四九日が三月をまたいでしまうということが起こってしまいます。亡くなった日が6月20日であれば、49日は8月7日で、6、7、8月と三月にまたいでしまっています。

三月はみつき→身付→身に付くというように連想することができます。四九、つまり始終苦(しじゅうく)が身に付くということで、よくないことが身に付くため避けるべきだという発想が生まれました。

縁起が悪いとされているため、四九日の法要を行う日を早めて、三月またぎにならないようする必要があります。

四九日法要の手配

四九日の法要を手配するには、日程や場所を確保する必要があります。自宅、お寺、ホテルなどの中から、どこで法要を行うのか決める必要があります。四九日目が平日の場合は、直前の土日に設定することが多いです。

僧侶に読経してもらうために、お寺への連絡も必要です。お寺にも都合があるため、早めに連絡することが大切でしょう。

詳細が決まったら案内状をしますが、お斎用の料理の手配や、参列者の返礼品なども用意する必要があります。遺族は四九日の法要を行うために、様々なものを準備をする必要があります。直前で慌てないためにも、余裕を持って動く事が大切です。

四九日の法要に呼ばれたら略式喪服で参加する

もしも四九日の法要に呼ばれたら、略式喪服で参加し、ラフな格好で参加することがないようにしましょう。

香典も忘れずに用意します。香典の金額は、5000円から1万円程度で構いません。親族の場合は、1万円から3万円程度包むようにしましょう。金額は一つの目安であるため、周りとの兼ね合いで包む金額を変えても問題ありません。

四九日の法要についてのまとめ

  • 四九日は、七七日、忌明け、満中陰などと呼ばれ、この49日の間に故人が極楽浄土に行けるかどうか、閻魔大王による裁きが行われます。
  • 四九日の法要は、僧侶の読経や焼香などの他に、納骨を行う納骨法要、 新しい仏壇の仏壇開きである開眼供養などが行われます。
  • 四九日が三月をまたぐことは避けましょう。始終苦が身に付くということで縁起が悪いとされています。
  • 四九日の法要に呼ばれたら略式喪服で参加します。香典は5000円から1万円程度で構いません。親族の場合は、1万円から3万円程度包むようにしましょう。