一般企業は大手でもいつ倒産するかわからない不安があるため、倒産することのないは安定した職業として人気があります。

民間から公務員に転職する人は少なくはありませんが、全員が公務員になってよかったと思うわけではありません。

この記事では、民間から公務員への転職について以下の点を中心に解説いたします。

この記事の内容
・公務員への転職で後悔すること
・公務員への転職理由

民間から公務員に転職して後悔すること

公務員への転職は、世間的には安定した職業につけて成功だと思われがちですが、働く本人が満足していなければ成功という事はできません。

公務員への転職で1番の魅力は安定でしょう。しかし、安定は得られても働いていて満足しない場合があります。

公務員は余分なが多く後悔する事がある

民間と比べて公務員は地味な書類作成などの仕事が多いのが特徴です。

ペンを1本買うだけでも書類作成が必要であるため、細かい事まで書類作成に時間を取られ、余分な仕事が多くなります。

民間のときは多少あやふやでも後から書類作成をすればよい場合もありますが、臨機応変な対応は公務員ではできません。

公務員は評価の仕組みが分かりづらい

出世するかしないかの評価は公務員にもありますが、民間と違って公務員はノルマがないため。数字を上げれば評価が高いといったわかりやすい仕組みがありません。

成果をあげる人は出世できますが、数字がものをいう世界ではないため、「なぜこの人が出世をしているの?」と思うことも少なくありません。

公務員では人間関係が特殊になりやすい

一般企業と違って、市役所の場合は、出張所などへの転勤はあるものの、基本的には同じ市役所内で定年まで働きます。狭い世界でずっと仕事をしているため、公務員の職場は、民間企業に比べて世間とは考え方がずれてしまっていることが少なくありません。

公務員は、変わった人が多い職場であるためも溜まりやすいといわれています。

狭い世界では、噂やレッテルもすぐに伝わってしまいます。新しい人間関係が築ける機会も少なく、同じ空間、たくさんの知り合いがいる中で一生働かなければならないことがストレスに感じることもあります。

公務員はルーティンワークが多い

公務員の仕事は、基本的に同じことの繰り返しであることが多いです。安定を求めて入っている人が多いため、ルーティンワークが好きという人も少なくありませんが、民間から転職すると物足りなさを感じることもあるでしょう。

民間企業の場合、新卒で入ったときはなにもできなかったにも関わらず、何年も経験を積むことで大きな成果をあげたり、パフォーマンス能力が上がったりと様々な場面に出会います。

しかし、公務員の場合は新しいことにチャレンジしたいと思っても、上が許さないという保守的なシステムであることが特徴です。

上記のような理由から、長年同じ仕事を続けているとモチベーションを高く保つことが大変になる可能性もあります。

公務員は残業が多い

公務員になれば、定時で家に帰ることができると思っている人が多いでしょう。

しかし、実際は残業も多く、課によって残業できる時間や予算がしっかり決められているため、一定の時間を超えた場合はサービス残業をしなければならないことがストレスに感じる事もあるでしょう。

公務員から再度転職する人は少ない

公務員へ転職した人の多くは、多少の不満を抱えていても定年まで働く人がほとんどです。もともと公務員へ転職した理由が、一般企業への不満などネガティブな理由が多いためでしょう。

多くの場合、ノルマに嫌気がさしたり、地元に戻る理由にしたり、残業が大変だったりといった理由が多いです。

ノルマに追われることもなく、変わった人が多くても、足を引っ張ったり競争しなければならない厳しい環境は無い、安定しているなど、総合的に見れば満足している場合もあるでしょう。

公務員の転職で後悔する事についてのまとめ

  • 民間から公務員へ転職しても不満とされる点はあります。
  • 書類作成が主な仕事だったり、評価が分かりにくかったり、特殊な人間関係に悩まされることもあるでしょう。
  • 細かい不満はあっても、公務員へ転職した人が再度民間へ転職することは少ないです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda