この記事では、転職の失敗とうつ病について、以下の点を中心に解説します。

この記事を読むことで、うつ病になってしまう前に予防策を実施しておくことができます。

この記事の内容
・転職に失敗して鬱になる前にするべきこと
・仕事を辞める前にするべきこと
・お勧めの転職活動方法

転職に失敗して鬱になる前にするべきこと

転職をする前に、きちんと自分の中で整理しておかなければならないことは、転職をしても職場がよくなるとは限らないことです。

どの職場も、働いてみないとその実態は見えてきません。転職活動を始めて、次の会社がなかなか決まらないことでストレスが溜まる場合も、転職後の環境が悪く、ストレスを抱えてしまう場合もあります。

大きなストレスを抱えた場合、うつ病に発展する可能性があるため、転職に関する以下の方法を対策として実施することが大切です。

できるだけ在職中に転職活動を行えば鬱を予防できる

転職活動には時間と労力が必要です。新卒の就職活動よりも転職活動の方が門戸が狭く、自分の実力をうまくアピールできないと採用が決まらないため、厳しい可能性があります。

今の仕事をしながら転職活動するのは大変であるため、一旦仕事を辞めてから転職活動を行う人がいます。転職活動に集中でき、面接の日時を気にせず行けることから、仕事を辞めて転職活動を行った方がよいのではないかと思う人は少なくありません。

しかし、仕事をしていないときは当然収入はないため、転職活動中の生活費は貯金を切り崩さなければなりません。いつまで転職活動が続くか分からないため、できれば在職中に転職活動を行った方がよいでしょう。

仕事をしながらの転職活動は多忙を極め大変であるため、転職活動専門にサポートしてくれるエージェントを通して行うことで効率が上がります。

オンラインで相談に乗ってくれたり、会社帰りの遅い時間でも対応してくれたりと、手厚くサポートをしてくれます。仕事をしながら転職活動を行う場合には強い味方となってくれるでしょう。

健康はお金で買えないという意識で鬱を予防する

日本人は我慢することや頑張る事は当然のことであり、ストイックであればあるほど美徳だと思う人が少なくありませんが、健康はお金で買うことができません。

我慢を重ねて自分の健康状態が悪くなり、病院に通ったり、会社を休まなくてはならなくなったりした場合、会社側が保証してくれるものをあてにはできません。

現代では昔に比べ、コスト削減に力を入れており、人を減らし、いかに効率よく仕事行ってもらうかを考えています。そんな中、病気で仕事に行けない人に毎月給料を支払わなくてはならないとなると、リストラの対象になりやすいでしょう。

一生懸命がんばって耐えて、仕事をしたとしても、健康を崩してしまえば自己責任だといわれてしまうのが現状です。

病気を抱えて転職しようとすると、病気がネックとなりうまくいかないこともあります。病気が精神的なものから来ている場合、直すのにも時間がかかるでしょう。

仕事を頑張ることも大事ですが、健康はお金に変えられない大切な物であるという意識も大切です。

仕事を辞める前に休暇取得の可能性を探るのもよい

退職をしてもすぐに新しいところが見つかるとも限りません。現在の仕事と転職活動を両立できるかどうかや、仕事を辞める前に休暇取得の可能性を探ってみるのも1つの手です。

有給休暇が残っていたり、健康面に不安があったりする場合は傷病休暇なども取れる可能性があります。

会社の規則や業務の忙しさなどを考えて、休暇が取れるかどうかを考えるのがよいでしょう。

鬱を予防するために心療内科に行ってみる

体に異常が見られるとき、職場でストレスが大きい場合は精神面から来ている可能性があります。

心療内科では必ずしもうつ病と判断されるわけではないため、会社を休まなくてはならないというわけではありません。

風邪をひいたときに内科に行くような感覚で、気軽に心療内科に行ってみるのがよいでしょう。気のせいだと軽視してしまいがちな心理的ストレスは、第三者に見てもらうことで客観的に判断することができるようになります。

在職中・休暇中の転職活動にはエージェントがオススメ

在職中であっても、休暇中であっても、転職活動1人で進めるのは大変です。

以下では転職に特化したエージェントを解説します。

高年収の求人ではビズリーチがおすすめ

高年収の求人を多数揃えているのがビズリーチです。

年収600万円以上の人に人気があります。基本的には職務経歴書を見たヘッドハンターがスカウトして転職活動を行っていくため、自分で探すよりも効率的に転職活動を進めることができます。

マイナビエージェントは幅広い案件を扱っている

マイナビエージェントは全国の企業と大きなつながりがあるため、多くの案件を扱っています。

キャリアアドバイザーの質も高いと好評で、カウンセリングが人気です。20代から30代の若手の人材に特化して転職活動をサポートしています。

最大手の転職エージェントはdoda

転職業界で最大手の転職支援サービスといわれているのがdodaです。

多くのアドバイザーが業界での就業経験があるため、キャリアアドバイザーの質の高く、特定の業界や職種への転職を希望している人にとってはとても心強い転職エージェントです。

転職に失敗して鬱になる前にするべき事のまとめ

  • 転職後の会社が必ずしもよいとは限らないことを頭にいれておく。
  • 我慢することが大切であっても、健康が第一であることは忘れない。
  • 転職活動は在職中から始めるべき。
  • 転職エージェントをうまく利用することで効率よく転職活動をすすめられる。