転職を考える時期は人それぞれですが、企業の中である程度落ち着いてきた35歳でよりよい環境に転職したいと考える人も多いでしょう。

よりよい環境にこだわると、35歳でも未経験の業界への転職も選択肢のひとつになりえるでしょうか。

ここでは、35歳の転職で未経験はOKか、35歳未経験の転職を成功させるポイント、男女別35歳未経験の転職におすすめのエージェントをご紹介します。採用決定を勝ち取るために、前向きに転職活動を進めることができます。

35歳の転職で未経験はOKか

一般的には、35歳転職限界説というのがあります。企業にとって、35歳という年齢は、管理職になるかならないかの分かれ目で、この年齢での中途採用はマネジメントとしても活躍できる即戦力求めているでしょう。中途採用が多くなった今では、35歳で転職を決める人もたくさんいます。35歳が限界とはいわれていますが、企業が求める人物像に合致すれば35歳以上でも転職は可能でしょう。

では、未経験の業界への35歳での転職はどうでしょう。自分自身で転職先を探している時には、未経験の業界というだけで応募することにさえ不安を抱くこともあるかもしれません。

確かに、転職する時には同業種で転職するのが一般的です。しかし、本人からすれば異業種=未経験と思っても、企業からすれば、たとえ未経験の業界だとしても求める人物像に合致していれば、未経験でも関係がないでしょう。

社会人としての経験の意味を広くとらえると、企業は35歳くらいの人材には、周囲と上手く関係を築く力、課題解決力や臨機応変な対応力、新しい職場で学んでいく姿勢を評価することも多々あります。

しかし、これらの条件は応募要項に詳しく書かれていることではないので、35歳の未経験での転職では、なるべく多くの応募をしてみるのも成功につながる可能性がアップします。それゆえに、時間がかかることも予想され、長期戦を覚悟するのがいいでしょう。

35歳未経験の転職を成功させるポイント

20代での未経験での転職と35歳の未経験での転職の大きな違いは、35歳はポテンシャルでは勝負できないことでしょう。20代であれば、企業はある程度の人材育成をすることを前提に採用することはあっても、35歳の転職では未経験だとしてもそうはいきません。

先に紹介したように、自分自身の社会人としての経験の意味合いを広く考えると応募できる求人が見つけやすいでしょう。

また、35歳の未経験の転職では、家族も巻き込んでの転職になることが多く、前職よりも好条件を求めがちなのも転職を難しくしている可能性があります。

転職で解消したい、あるいは求めたい条件はある程度絞るのが賢明でしょう。未経験であれば、大企業ではなく、中小やベンチャー狙いが基本と言われています。

さらに、35歳での未経験への転職であれば、自己分析が大切になります。書類や面接で自分自身をうまくアピールするためにも、以下の3つのポイントを押さえて自己分析してみましょう。

自分の得意、不得意を把握すると未経験分野に有利にはたらく

自分では未経験の業界と思っていても、得意なことが意外な形で転職の採用に結びつくこともあります。

未経験かどうかは、企業が見極めることなのです。ですから、自分自身の得意なことと不得意なことは把握しておくようにしましょう。

不得意なことは自分でもわかりやすいですが、いざ得意なことを探し始めるとうまくあげられないこともあります。

得意なことは、自分自身では気がつきにくいのが一般的です。ですから、周りに褒められた仕事や人柄などを思い返してみると得意なことがみつけやすくなるでしょう。

転職先でできること、どうなりたいかを未経験でも考える

一般的に転職では、前職よりも大企業や高収入を狙うことが多いでしょう。しかし、35歳の未経験での転職は、すべての希望をかなえることは難しいと思っておくべきです。

自らハードルを高く設定するよりも、転職先でどうなりたいか、何を解決したいかなど3つほど優先順位をつけておくべきです。

叶えたいことが多いと、それだけ成功の可能性を狭めていることになります。また、未経験の転職の時にはあきらめた条件でも、転職後の過ごし方で変えられることも多くあります。しっかりした将来のビジョンを描くことで、自分が納得できるキャリアの展開につながるでしょう。

未経験からでも転職したい理由を将来のビジョンに結び付けていくと、スムーズに考えやすいでしょう。

環境適応能力の高さ、ストレス耐性をアピール未経験転職でアピール

どの企業でも、採用の際にはすぐに辞めない人を採用したいのは当然です。社会人経験がある35歳なら、すでに自分の仕事の仕方があったり、前職での仕事の仕方が身についていたりすることが多いでしょう。

しかし、新しい職場で未経験ならなおさら、環境に早くなれることを求められます。

また、周りとうまくやることもより求められるでしょう。35歳の未経験の転職では、環境適応能力の高さ、環境や人間関係の変化からのストレスへの耐性も是非アピールしたいポイントでしょう。

男性35歳未経験の転職におすすめはマイナビエージェント

35歳男性の未経験の転職では、仕事をしながら転職活動するのがおすすめです。しかし、自分ひとりで書類作成から面接のセッティングなどすべてをすると時間がかかってしまいます。転職エージェントをうまく使って進めていくのがいいでしょう。

優良企業の求人が多く、抱えている求人の80%以上が非公開案件のマイナビエージェントなら、35歳未経験の転職でもいい求人に出会える確率が高くなるでしょう。

マイナビエージェント

35歳未経験の転職では、とにかく応募数を増やすことも転職成功につながるポイントです。その点、マイナビエージェントなら求人数が国内最大級なこともおすすめの理由です。それぞれの分野に精通したキャリアコンサルタントのサポートを受けられるのも、心強いでしょう。営業職・ITエンジニアの転職に強みをもっています。

 

女性35歳未経験の転職にはtype転職エージェント

type転職エージェント
35歳女性の未経験への転職では、人材紹介業界の老舗キャリアデザインセンターが運営するtype転職エージェントがおすすめです。女性専門の転職サイトも展開していて、女性の転職に力を入れているエージェントのひとつでもあります。

女性が重視しがちな仕事とプライベートを両立できるような案件が多く、優良企業の案件も多く扱っています。30代までの転職に特化しているのもおすすめの理由です。

専任のキャリアコンサルタントが丁寧にサポートしてくれるだけでなく、入社日や年種など交渉しにくい条件も変わって交渉してくれます。案件は関東圏のみですが、だからこその強みがあるでしょう。また、年収アップの転職にも強みをもっているのも魅力でしょう。

35歳での未経験転職のまとめ

  • 一般的には、35歳転職限界説がありますが、企業が求める人物像に合致すれば35歳以上でも転職は可能でしょう。
  • 未経験の業界への35歳での転職では、本人からすれば異業種=未経験と思っても、企業からすれば求める人物像に合致していれば、未経験でも関係がないでしょう。社会人としての経験の意味を広くとらえられる場合もあります。
  • 35歳未経験の転職を成功させるポイントは、自己分析であり、自分の得意、不得意を把握する、転職先でできること、どうなりたいか明確にする、環境適応能力の高さ、ストレス耐性をアピールするのがいいでしょう。
  • 男性35歳未経験の転職におすすめの転職エージェントにはマイナビエージェント、女性35歳未経験の転職におすすめのエージェントはtype転職エージェントがおすすめです。