この記事では、休日出勤の定義や休日出勤した場合の賃金、代休についてなどの、休日出勤について知っておいたほうがよいことについてまとめました。

この記事を読むことで、勤務先から休日出勤を要請された場合に必要な基本的な知識を理解することが出来ます。

そもそも休日出勤とはなにか?

休日出勤とは、会社が定めた休日に出社して業務を行うことです。

休日には「法定休日」と「法定外休日」があり、どちらの休日出勤に該当するかにより、賃金の割増率が変わる事が特徴です。

法定休日と法定外休日の違い

法定休日と法定外休日の違いは、法律で定められている休日であるか、会社が独自に定めた休日であるかです。労働基準法第35条で、休日について定められていることは以下の通りです。

労働基準法第35条
1.使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
2.前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

就業規則で毎週土日曜日が休日と決められている場合、1日は法定休日であり、もう1日は法定外休日です。

法定休日出勤は法定休日に出勤した場合

法定休日出勤は法定休日に出勤した場合をさします。

会社が毎週土日曜日を休日としている場合に、土曜日に休日出勤をすれば法定外休日出勤です。土曜日と日曜日の両方を休日出勤した場合にだけ、法定休日出勤として扱われます。

休日と休暇の違いは労働義務の有無

休日は労働者に労働義務のない日(就業規則で決められている会社の休日)をさし、休暇は、もともと労働義務のある日(会社の休日以外)に労働者の申請によって休みとなった日のことです。

年次有給休暇、産前産後休暇、生理休暇、育児休暇、介護休暇などが休暇にあたります。

夏季休暇、年末年始休暇などは休暇という呼び名ですが、会社が就業規則で決めている休日の場合、休暇ではなく休日として扱われます。

振替休日と代休の違い

振替休日と代休は、事前に代わりの日を休日にすると決めていたかどうかで分けられ、賃金の支払いに違いがあります。

振替休日
予め休日と定められていた日を労働日とし、かわりに他の労働日を休日とすること。
代休
休日労働が行われた場合に、代償として以後の特定の労働日を休みとするもの。

振替休日は、あらかじめ休日と定められた日が労働日となり、かわりとして振り替えられた日が休日となります。もともとの休日に労働した日については休日出勤とはならず、割増賃金の対象にはなりません。

代休は、前もって休日を振り替えたことにはならないため、休日出勤をしたこととなり割増賃金の対象になります。

休日出勤の割増賃金の場合による違い

休日出勤の割増賃金は、法定休日出勤なのか法定外休日出勤なのかで変わります。

法定休日に出勤した場合は、35%以上の割増賃金を支払うことが労働基準法で定められており、法定外休日に出勤した場合は、法定労働時間を超えた分に関して25%以上の割増賃金を支払うことが労働基準法で定められています。

法定労働時間については、労働基準法第32条で以下の通りに定められています。

労働基準法第32条
1.使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
2.使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

法定労働時間を超えての労働は、時間外労働として割増賃金25%以上の対象で、法定休日の労働や、法定労働時間を超えての労働は、労働者と使用者の間で時間外労働協定(36協定)を結んでいることが必要です。

休日出勤をしないための工夫

休日出勤は割増賃金が支払われるとはいえ、余計な出勤はしないで済むに越したことはありません。以下のような工夫で、休日出勤を少なくすることができる場合があります。

36協定を結んでいるかどうかを確認する

法定休日の労働や、法定労働時間を超える労働は、時間外労働協定(36協定)を結んでいることが必要です。会社が36協定を結んでいるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

自分の中で休日出勤を慢性化させない

仕事が終わらなければ、休みに出社してやればよいという気持ちで仕事をすると、仕事の効率があがりません。休日出勤はやむを得ない場合だけと肝に銘じて日々の仕事に取り組むことが大切です。

どうしてものとき以外は断る

いつも休日出勤の要請に応じていると、休日出勤の要員として認識されてしまいます。

どうしても自分でなければいけないな案件ではない場合は、「申し訳ありませんが今回は予定がありまして」と断ることも大切です。

休日出勤についてのまとめ

  • 休日には「法定休日」と「法定外休日」があり、どちらの休日出勤に該当するかにより賃金の割増率が変わります。
  • 休日と休暇は違うもので、休日は労働義務のない日、休暇は労働義務のある日に労働者の申請によって休みになった日のことです。
  • 振替休日と代休は違うもので、振替休日は予め労働日と休日を入れ替えること、代休は休日労働の後に代わりの日を休みにすることです。
  • 振替休日と代休は割増賃金に違いがあります。
  • 休日出勤をできるだけ避けるための工夫も大切です。