モチベーションの一般的な意味とは

意欲の源になる「動機」のことをさします。

モチベーションのビジネスシーンの意味

本来は心理学で使われる用語でしたが、一般化したのは、この言葉はサッカーや野球などのスポーツで広がるようになり、最終的にはビジネスのあらゆる場面でも利用されるようになったのです。
具体的にはある人が仕事を頑張りたいという意欲を持っているとすると、その意欲の源になる動機づけのことがまさしくモチベーションにということになるわけです。もっとも一般的には、動機づけの結果として現れる意欲、仕事を頑張りたいという気持ちのほうをモチベーションと呼ぶことになります。
また、モチベーションがある、ないという表現ではなく、モチベーションが高い、低いという表現を使うこともあります。また、モチベーションの維持、管理という表現で活用されることもあり、意欲の大きさや程度を表すこともあります。
こうして、今ではスポーツやビジネスのあらゆる場面で活用されるようになっています。

モチベーションの使い方と例文

会社の社長の使命は現場のモチベーションをあげることです(士気を高めること)
スポーツ選手のモチベーションは賞金、名誉です。
モチベーションを維持するために日々、鍛錬を重ねている。
今朝の周囲の行動は全体のモチベーションを下げることになりかねない。
モチベーションを高めることが最高の結果を生むための条件。