転職を考えたときに、ベンチャー企業を候補に入れるかどうか悩む人もいることでしょう。この記事ではベンチャー企業の特徴やベンチャー企業に転職するにあたっての注意、メリットとデメリットなどを解説します。

また、大企業・中小企業と比べたベンチャー企業に関しての記事に関しては下記記事がおすすめです。この記事との違いは大企業・中小企業と比べてという点です。合わせて読むとよく理解ができます。

 

ベンチャー企業とはどんな企業のことか

ベンチャー企業とはどのような企業を指すのかについて、明確な基準はありません。の規模感から中小企業と混同されがちですが、中小企業は、中小企業基本法によって資本金と従業員数が明確に定義づけられています(例:サービス業 資本金額:5千万円以下 常時従業員数:50人以下)。ベンチャー企業にはこのような定義はなく、一般的に次のような企業をさします。

  • 設立からの期間が短い(おおよそ5年以内程度)の若い企業
  • 大企業にはできない創造性の高い革新的なを手掛けている
  • 成長志向を持っていること

ベンチャー企業の「ベンチャー venture」とは、冒険的、危険を冒して試みる、という意味があります。ベンチャー企業もこの言葉の意味の通り、安定よりもより成長するために革新的な事業に取り組む姿勢、指針を持っている企業のことをさします。

関連記事
ベンチャーとは

ベンチャー企業にはどんか特徴があるのか

ベンチャー企業はIT・WEB関係の業種が多い

ベンチャー企業の半数以上は、IT・WEB関連だといわれています。ITはもともと最先端を求める技術ですから、ベンチャーとは非常に相性がよい業種なのです。
有名なところでは、サイバーエージェントはベンチャーから大きく成長した企業の代表といってよいでしょう。
そのほか、ベンチャー企業に多い業種としては、人材業界や不動産業界などがあります。

ベンチャー企業は企業カラーがはっきりしている

ベンチャー企業は経営者の個性が強く出ることが特徴です。ベンチャー企業の経営者はもともと個性的な人が多いのに加え、経営陣が既存のやり方にとらわれずにルールや制度、仕事の進め方を創っていきますから、経営者の思い入れ、目指す方向性などが会社のカラーとして強く打ち出される傾向にあります。

ベンチャー企業は経営者との距離が近い

大手の企業では社長と会ったことすらない社員も珍しくありません。けれどもベンチャー企業は経営者と毎日のように顔を合わせ、自分の意見を直接伝えることのできる環境にある場合がほとんどです。がなかなか通らないばかりか、上の人が見ているかどうかも分からないというような状況に満足できない人には向いている環境といえるでしょう。

ベンチャー企業は仕事の自由度が高い

ベンチャー企業はマニュアルに沿って仕事をしていけばいいということはありません。いい意味で自由度が高いということです。それだれに、自分の意見を自信をもって主張できない人や、チャレンジ精神に欠ける人は置いていかれてしまいます。

現状のやり方に満足しない人、自分で仕事を生みだしていける人であることがベンチャー企業の社員としては必要なのです。

ベンチャー企業は成長の機会に恵まれている

ベンチャー企業では決まったやり方がない分、何かを始めるときのフットワークが軽いという特徴があります。新しい企画の提案が認められれば、「やり方は任せるからあなたが主体でやってみて」と話がどんどん進んでいくことも珍しくありません。仕事を任され、スピードを求められる経験は、必ず自己の成長に結びつきます。

社員の入れ替わりが頻繁なベンチャー企業

ベンチャー企業で働く人は、成長意欲が高く、将来起業したいと考えている人も少なくありません。ですので、今いるところに留まるよりも、もっと成長できるところを目指して動いていく傾向が強くあります。そのため短いサイクルで人が入れ替わることが多くなります。

ベンチャー企業に向いている人

向上心・チャレンジ精神のある人

ベンチャー企業は創造性のある革新的なビジネスを展開していることが特徴です。当たり前のことですが、社員一人ひとりが自分が会社を創っていくという気持ちを持っていなければなりません。チャレンジより安定を望む人は向いていないといえるでしょう。

会社に依存しない人はベンチャー企業むき

会社に育ててもらおうという考えの人はベンチャー企業にはあまり向いていません。「会社の環境を利用して成長してやろう!」「ここでスキルを磨いて近いうちに自分も起業したい!」という気持ちを持っている人がベンチャー起業には向いているといえるでしょう。

ベンチャー企業へ転職するときに気をつけること

倒産・解散の危険性がある

ベンチャー企業は、リスクを冒しても新しいこと、誰もやったことがないことで成功するという指針の基に活動しています。そのため、すべての事業が成功するとは限らないといえます。また、資本金や余剰金も多くない場合がほとんどです。

もし事業が上手くいかなかった場合には、会社が持ちこたえることができず倒産したり、あえて解散という方法を選んだりすることも十分に考えられます。
新規に設立された企業の9割以上が10年以内に倒産するともいわれています。いつ会社がなくなっても自分はやっていけるという覚悟がベンチャー企業で働くには必要になります。

大企業に比べて福利厚生が不十分

ベンチャー企業ではのような福利厚生を望めないこと多いでしょう。人事、総務の専任担当がいることも少ないですし、社員食堂や社員寮もほとんどの場合期待できないと考えてよいでしょう。
そういった大企業の居心地の良さよりも成長機会やスピード感のある仕事を望む考えがないと、ベンチャー企業は向いていないかもしれません。

経営者と価値観が合わないと辛い

ベンチャー企業は経営者の意向が企業の方向性を大きく動かします。経営者の考えひとつで急な方向転換があることも珍しくありません。また、ベンチャー企業の経営者は非常に強い個性を持っている場合がほとんどです。ビジネス面だけでなく、経営者の人柄に共感を持ち尊敬できないと、一緒に働いていくのがになることが大いに考えられます。

 

ベンチャー企業への転職についてのまとめ

  • ベンチャー企業とは明確な定義はありませんが、一般的に、設立からの期間が短く、創造性の高い革新的なビジネスを手掛けている企業をさしています。
  • ベンチャー企業の特徴としては、IT・WEB関連が多いこと、企業のカラーが強いこと、経営者との距離が近いこと、仕事の自由度が高いことなどがあります。
  • ベンチャー企業に向いているのは、向上心・チャレンジ精神を持っていて、会社に依存しないタイプの人です。
  • ベンチャー企業への転職で気をつけなくてはならないのは、ベンチャー企業ならではのデメリットがあることで、企業の倒産リスクか高い、福利厚生の充実が望めない、経営者と価値観が合わないと働きにくいなどが考えられます。
  • ベンチャー企業の求人を探すには、ベンチャー企業に強い転職サイトがお勧めです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda