有効求人倍率がだんだんと上がってきているとはいえ、まだまだが難しいといわれています。というのも、枠があってもそれに見合う人材がいなければ企業は採用しないからです。

また、求人を出している会社がある一方、リストラや規模縮小などをおこなっている会社もあります。

の転職はとても難しいと言われています。自分の意思ではないにしろ、仕事がなくなってしまっては転職活動おかなければなりません。

本会の記事では中高年の転職について以下のような点を中心に解説いたします。

・中高年の転職で気をつけること
・ハイクラスの転職にお勧めの転職サイト

中高年の転職で気をつけるべき点

20代の転職に比べると中高年の転職はとても難しいです。転職を考える前にその点についてもしっかりと認識しておく必要があります。

高いスキルとマッチングが求められる

20代の転職では、将来的に伸びる可能性があるポテンシャルの高さを評価されますが、中高年の場合は転職時点で持っている年相応のスキルが最低限求められます。

同じように転職活動をしている人たちを抜きになるためには、高いスキルが必要です。20代、30代と普通に会社に勤めて、それなりの仕事を行っていると、ある程度の仕事がこなせるようになります。しかし新卒からの急成長とは違って成長も止まってしまいます。

そういった意味で、企業が求める高いスキルに到達する人は少ないようです。

中高年の転職では即戦力として期待できる人材を採用します。また、20代や30代と違って、ある程度のポジションとして会社は迎えるわけですから、給料もそれなりに高くなります。

会社側としては、高い給料払ったとしてもその人材が欲しい、即戦力として自分の会社で役に立ってくれる、と思う人材のみを採用するのです。

中高年の転職でプライドの高さは必要とされない

20代や30代のときの転職なら、業界を変えたり、多少の給料の減少は我慢できるかもしれません。

しかし、年齢を重ねると自分のこだわりも強くなるため、会社を選り好みしやすくなります。前に働いていた会社と取引がある会社なら尚更、いろいろな情報を持っているかもしれません。

転職の際には、情報量がものをいう部分もありますが、情報量が多い分、中高年の転職では妨げの原因になってしまう可能性もあります。

また、プライドが高くなる要因として、中高年は管理職の経験がある人が多いでしょう。むしろ、何も役職のない人が転職しようと思ってもこのご時世難しいでしょう。

管理職経験はビジネスにおける経験としてとても重要なものです。しかし、細々とした作業をおこなうプレイヤーとしての経験はずいぶん前のものとなり、現場の仕事を忘れてしまっている可能性があります。

応募している企業が、管理職を募集しているのなら問題はありませんが、プレーヤーとしての人材を募集している場合、現場から離れて長い人を雇う意味はありません。

もし、管理職が嫌でプレイヤーとしてまだまだ働きたいと思っているのであれば、管理職が長いという経験はマイナスに働くこともあるのです。

適応が低いと思われないようにする

企業側が、中高年層を雇うのに気にする点の一つに適応能力が低いということがあります。

長年、同じ企業で同じメンバーで働いてきた人にとっては、転職後の新しい環境ですぐに馴染めるかという不安があります。

また応募先の企業側にとっても、違う会社から来た人間が自分たちの会社のに馴染めるのか、異なるシステムや人間関係の中でやっていけるのかという懸念があるようです。

自分の仕事のが決まっていることも悪いことではありませんが、「郷に入れば郷に従え」というように新しい会社でのやり方に柔軟に適応できるかという点が大切です。

「前の会社ではこうやっていました」「自分のスタイルはこれこれだ」などといつまでもいっていては新しい会社になじむことができません。

自分では不本意と思っても従わなければならない時があるでしょう。素直に従えるかどうか、転職前に自分で考えてみたほうが良いでしょう。

中高年でとして転職するためには

中高年層の転職の理由はいろいろあるでしょう。しかし、多くの人は家族を持っていて、養っていくため、できれば正社員として働きたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

中高年で正社員として新しい会社で働くためにはいろいろな条件をクリアしなければなりません。

同じ業界で転職すると成功率が高い

もし、どうしても正社員で働きたいという場合は、同じ業界で転職するのが近道かもしれません。

中高年の転職では、即戦力が求められるため、同じ業界の同じ職種へ転職する場合は、新しい会社で1から学ぶのとは異なります。したがって、応募先の会社も業界のことをよくわかっていて、同じ業界に人脈がある人を採用するのはとてもメリットがあります。

こういった場合は、どちらかというとヘッドハンティングのような形での採用になるかもしれません。

応募者側はせっかく転職してもほとんど前の会社と変わらない内容のことを行い、顧客もほとんど変化がない場合が多いので、こういった転職はする方が良いのか、しなくても良いのか、転職前に吟味したほうがよいでしょう。

仕事の実績や経験があると中高年は強い

中高年の採用枠は大変狭いです。ライバルに差をつけるためには、自分の実績や経験が大変大事になります。

一般的に仕事をしていればある程度こなせる仕事の実績ではなく、抜きん出た実績や経験があることが大切なのです。

資格やスキルがあるとさいようされやすい

これは、専門職の場合は特に必要です。中高年で経験はあるけれども、明確な資格がない場合、転職先の人にはその力が伝わりません。できれば、証明できるものがあると良いでしょう。

また、専門職でなくても、パソコンや英語力等は今や必須です。それ以外に他の言語や珍しいスキル(会社に役立つもの)があると、転職では有利になるでしょう。

即戦力にならなければ難しいのが中高年の転職

前でも述べたように、中高年の転職は即戦力を求められます。

特に、正社員として新しい会社で働く場合には、すぐに活躍できることが求められます。でのアピールポイントもその点を意識しながら行うとよいでしょう。

ハイクラス転職にお勧めの転職サイト

中高年の転職は難しいと思われたかもしれません。それは間違いではありませんが、中には今までよりも良い条件で、転職に成功するケースもあります。

そのためには、自分で会社を探して闇雲に転職活動行ってもあまり意味はありません。きちんと転職の専門家と相談しながら行うのがオススメです。

20代の頃に使っていた、転職サイトや情報誌と、中高年の転職に詳しい媒体は異なります。

ハイクラスの転職にお勧めの転職や転職サイトには、ビズリーチやJACなどがあります。

ビズリーチは中高年の転職で強い

日本ではまだまだ少数派ですが、ヘッドハンターも数多く在籍しているです。

中高年の未経験異業種への転職は相当難しいと言われていますが、2社から内定を獲得した成功者もいます。

国内最大級のエグゼクティブ向けの会員制転職サービスであることから、管理職やグローバルで働ける人材など他の転職サイトではなかなか見つからない案件にも挑戦することができます。

BIZREACHでの転職解説 メリット・デメリットをご紹介

JACは中高年だけでなく外資系での転職にも強い

転職業界でも上位の転職エージェントです。転職成功例として年収が200-300万円平均で上がっているといわれています。

ハイクラスの転職の場合、現在の仕事もとても忙しいはずなので、なかなか転職エージェントに足を運ぶのが難しいという人もいるでしょう。しかし、その転職エージェントに行かなくても、電話面談なども行っています。また、全国に9つの拠点を設けて、全国レベルで転職活動のサポートをしています。

JACでの転職解説 メリット・デメリットをご紹介

その他の中高年の転職にお勧めのサイト

ハイクラスや、会員制のものでなくて良いと言う方は、他にも転職サイトや転職エージェントがあるので、利用してみましょう。

有名なところだと、doda、リクルートエージェント、マイナビミドルシニアなどがあります。

どこも大手で、新卒採用でも有名な会社です。多くの案件を扱っている実績があり、安心できます。新卒と中高年向けの案件を分けているため、これらの転職エージェントやサイトを利用するのも良いでしょう。

dodaでの転職どうだった? メリットとデメリット 実際に利用した人の口コミ

リクルートエージェントでの転職解説 メリット・デメリット 口コミ

中高年の転職まとめ

・中高年の転職は厳しい
・中高年の転職には、高いスキルや即戦力が1番に求められる
・中高年で正社員として転職するには、仕事の実績や経験はもちろん、同じ業界で転職するのが良い
・ハイクラスの転職にオススメの転職エージェントはビズリーチやJACなどである