社会人になってお焼香の正しい手順を知らないと、思わぬ恥をかいてしまうということも起こりえます。

葬儀のようなフォーマルな場所で恥をかくことなく、故人をしっかりと送り出すためにもお焼香について知っておきたいところです。

ここではお焼香について解説します。この記事を読むことで、お焼香の意味や手順、マナーなどの必要な知識など、お焼香に関する疑問を解消できます。

そもそもお焼香とはなにか?

そもそもお焼香とは、香を焚いて拝み、仏をたたえ故人弔うことです。

日本には仏教伝来とともに香が伝わったといわれています。香は浄土を連想させ、心身の穢れを取り除く効果があるといわれています。

お焼香の意味

仏をたたえて故人を弔う意味がある

お焼香の一番の意味は、仏をたたえ故人を弔うことです。故人や仏に敬意をあらわして、「粗末な香ですが、どうぞお受け取りください。」というように捧げます。

香は仏にとって食物のようなものであるため、葬儀に限らず、香は法事でも仏を供養するために使われます。

お焼香には身を清める意味がある

お焼香には、心身の穢れを取り除き、身を清める効果があります。

仏様の前に出てお参りするために、汚い状態でいるわけにはいきません。お焼香をして身を清めることによって、失礼のないようにする目的があります。

極楽浄土を目の当たりにする意味がある

お焼香の香りや煙によって、極楽浄土をイメージする目的があります。お焼香の香りは隅々まで行き渡るため、区別されることなく全ての人に行き渡ることから、仏の慈悲を讃えるという意味があります。

お焼香の手順

ここでは代表的なお焼香の手順についてご紹介します。3つとも大きな流れは変わらないため、内容を把握しておきましょう。

立礼焼香の手順

立札焼香とは、葬儀の会場が椅子の場合に行う焼香の手法です。

 

立礼焼香の手順

1.焼香台の少し手前で遺族とお坊さんに一礼をします。

2.焼香台の前に来たら、遺影を見て一礼します。

3.数珠を左手にかけて右手親指、人差し指、中指で抹香をつまんで額に押しいただきます。ここは各宗派によって回数や、やり方が異なるため、気になる場合は事前に周りに確認しておいた方がよいでしょう。

4.焼香を香炉の中にくべます。

5.遺影を見て合掌します。

6.そのまま1~3歩下がり遺族に一礼して席に戻ります。

 

座礼焼香の手順

座礼焼香は、畳の部屋で行うお焼香です。移動の際は親指だけ出し、他の指を握った状態で両手を体の少し前に置き、ひざを立てて移動します。お焼香をするときは正座します。

 

座礼焼香の手順

1.焼香台の前で遺族に一礼、その後遺影に一礼します。

2.ひざを立てて焼香台まで移動したら正座をして合掌します。

3.立札焼香と同じようにお焼香をします。

4.お焼香が終わったら合掌します。

5.遺族とお坊さんに一礼して中腰で席に戻ります。

 

回し焼香の手順

狭い会場でやるお焼香です。他のやり方では自分が焼香台まで移動していましたが、回し焼香の場合は、焼香炉を順番に回しながらお焼香をします。

 

回し焼香の手順

1.軽く会釈して受け取る。

2.自分の前に置いて遺影に合掌します。

3.立札焼香と同じようにお焼香をします。

4.お焼香が終わったら合掌して一礼します。

5.次の人に回します。

 

お焼香のマナー

お焼香では遺族に一礼を忘れない

お焼香をする際には、自分がお焼香することばかりに気がいってしまって、遺族のことが頭から抜け落ちがちです。

お焼香の前後では、きちんと遺族に一礼することを忘れないようにしましょう。故人と同じくらい、遺族に対しても敬意を払う必要があります。

お焼香は自分の宗派のやり方でよい

お焼香で額に押しいただく回数などの作法は、自分の宗派のやり方に合わせて問題ありません。

お焼香は手順だけでなく気持ちが大事

お焼香をする手順も大事ですが、一番大事なのは、故人を思う気持ちです。

手順ばかりにこだわって心が伴わないお焼香は、マナー違反であるといっても過言ではありません。手順に気をつけつつも、きちんと故人のことを思ってお焼香しましょう。

 

お焼香についてのまとめ

  • お焼香とは、仏をたたえ故人弔うことを目的として、香を焚いて拝むことです。会場によって、立札焼香、座礼焼香、回し焼香などがあります。
  • お焼香は、仏をたたえ故人を弔う、身を清める、極楽浄土を目の当たりにするといった意味があります。
  • お焼香の具体的な手順は宗派によって多少異なります。自分の宗派のやり方で構いませんが、どの宗派であっても、遺族への例や遺影への合掌を忘れないようにしましょう。