昏いという言葉は、普段使うことのない言葉ではありませんが、ビジネスでは言葉の意味がわからないと困ってしまう事もあるでしょう。

教養をつけるという意味でも、ここでは、昏いについて解説します。意味だけでなく類語や例文も解説するため、この記事を読んだ後には昏いの疑問を解消することが出来ます。

昏い(くらい)の読み方と意味

昏いは同じ読みを持つ「暗い」に近い意味を持ち、日が暮れて暗いという意味がありますが、ただ暗い、光がないという意味ではなく、日が暮れて暗くなったときの暗さをあらわす言葉です。

常識がある事を意味する「道理(人の道)に明るい」という言葉がありますが、「道理に昏い」という常識がわかっていない事や、ある分野のことをわかっておらず見えていないといいたいときに使うことが出来ます。

「暗い」「闇い」との違いは

昏いと同じような言葉に暗い、闇いがあります。「暗い」や「闇い」は、光が少なくて暗いという意味があるのに対して、昏いは日が暮れて暗いという意味をもちます。

それぞれの意味はほとんど同じであるため、わかりやすい「暗い」を用いても問題ありませんが、日が暮れているという意味をあらわしたいときは「昏い」を使うとよいでしょう。

昏いと暗いを使い分けることによって言葉をよく知っている印象を与えることができるうえ、文章の意味がより正確になり味わい深いものになります。

昏いの類語

昏いの類語は、同じ読みである「暗い」「闇い」の他に、「暮れ方」「日暮れどき」や「物を知らない」「疎い」などがあります。

日が暮れて暗いという意味を持つ言葉や、物をわかっていないという意味を持つ言葉が昏いの類語です。昏い以外の表現を使いたいときは、上記のような言葉を用いるとよいでしょう。

昏いの使い方

昏いは、日が暮れていて暗いとことをあらわしたいときや、道理がわからない事などをあらわしたいときなどに使うとよいです。

昏いの例文

夕方のように昏い空合だった。
昏い表情でいる。
昏い光を宿した瞳をしていた。
昏い廊下に出る。

昏いについてのまとめ

  • 昏いは、「くらい」と読み、「日が暮れて暗い」「道理がわかっていない」という意味があります。
  • 日が暮れていることや、目が見えなくなって混乱している感じ、夜がこれから続くような先が見えない感じを出したいときは暗いではなく昏いを使うとよいでしょう。
  • 昏いの類語は、暗い、闇い、暮れ方、日暮れ時、物を知らない、疎いなどがあります。
  • 昏いは、昏い空合、昏い表情、昏い光、昏い廊下など様々な使い方がされます。